ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】2018年町田誠心園春フェス開催(準備編)
2018-04-26
 皆様、お久しぶりです。M☆Yです。覚えていて下さいますでしょうか?
 昨日4月25日、無事“町田誠心園春のフェスティバル”を行う事が出来ました。私M☆Y、4月に関しましては、ほぼ、毎日、町田誠心園にいましたねっ~。誤解されるといけませんので言っておきますが、強制された訳ではありません。節分の時は、明けなのに強制的に参加させられましたが…。春フェスの準備本当に大変だったんですよっ!!その為、ブログには全く手をつけられませんでした。
 春フェス自体は、大絶賛の中、幕を下ろすことが出来たのですが、春フェス本編に関しましては、明後日、お話します。(私明日夜勤なので…。)本日は準備の段階で、色々あったお話をさせて下さい。
 
<桜の木が出来るまで>
 春フェスと言えば、桜の木を製作する。過去3回全て製作しました。1回目はプラダンを円柱にして桜を作成。結果、大きなマッチ棒になってしまった。2回目。これではいかんとプラダンに図面を書き、気の幹を作成しました。試行錯誤の結果、ビニールに新聞紙を入れボンボンを作り幹に付けていく。最初は良かったのですが、耐久強度に問題があり、花を貼り付ける時には、重さに耐えられず、折れる…。何とか突貫工事で修正。ぎり事なきを得る。でも、綺麗に出来たんですよ。3度目の正直。今までの反省点を踏まえ作成に入りました。まずは耐久強度の問題。木材を購入し土台を作ります。そこに新聞紙を丸め貼り付けていきます。その上に焦げ茶色の画用紙を貼り木の幹完成です。続きまして、桜の花の部分。今回は袋の中に入れるのは新聞紙2枚と指定。前回は新聞紙を入れ過ぎた。いい感じにふんわり感が出ました。重量的にも問題ありません。
 
 いよいよ花を付けていくという時になって、私と、金子施設長とのバトルが始まるんです!!
 
 私が桜の木の製作総指揮で手腕を奮っている時、自分もサプライズ的な桜を作るといいだしたんですねっ。作るのは良いんですが、ちょこまかちょこまか私が購入してきた部材を奪っていきました。何を作る気でいるのか聞いてみると、頭から桜の花びらが吹き出るオブジェを作ると…。作るのは良いんですが、部材はご自分で準備して下さいと何回言ってもダメ!!あげくに今M☆Yさんが作ってるのって、でっかいカリフラワーでしょっ!!って。山本事務長にいたっては、きのこ作ってるの?春のきのこフェス?と言われる始末。もちろんこのやり取りはコントみたいなもんですんで日常茶飯事の会話ですよっ。ですから私、施設長が作っている作品、最初は“ゴミ”と呼んでいました(笑)が、この時は、春フェス本番で、このゴミ扱いした桜に助けられるとは夢にも思っておりませんでした。
 
 花付けの話に戻りましょう。誠心園の職員、医務の方達、私からお願いしなくても、自主的に花を作ってくれるともの凄く協力してくれました。この時、私思いましたね。“私、人望あるなって…”cheekyいざ花を付けようとすると、施設長がやって来る。白とピンクがあったんですが、なぜかピンクを持っていってしまう。で、白しか残らない。ピンクを返して下さいと言うとM☆Yさんは変わったと意味不明な事を言う!!ですんで、施設長ががめたピンクの花をまた私が取り返しに行く。今度は私が貼った箇所の花がない。ご丁寧にビニールにテープが残っている。物理的に考えてもテープは紙の方にに付いている率の方が高いはずなんですが…。施設長に確認します。取りましたね…?私を疑うんだ。M☆Yさん酷い!!酷いも何も、花の在庫が無いのに、施設長の桜に花が増えてるんですから、ほぼ確定じゃないですか…!!真実はひとつ!!(名探偵コ○ン風に)私生意気ながら施設長に言いましたよ。正直に言えば怒らないって。そうしましたらすいませんでしたって頭を下げてくれましたよ。ご丁寧に私の桜に頭を埋めるようにね…!!だから何をしてくれてるんですか!!!施設長に逃げられます。その後も、私が、作ってもらっていた花を袋に入れて置いておいたんですが、それを奪ってまた逃げるとか…。それ以外にも色々あったんです。例えばビニールの間に黒い物体があったんで、見てみるとTVのリモコンが挟まっていたり、本物のゴミが入った袋を付けようとしたり…。つけるはずないでしょ…!!ハサミを借りようとしましたら、マジックハンドを持ってくるとかねっ!!色んな事がありました。が、何とか完成まで取り付けましたよっ。何だ感だいいながらも、施設長との寸劇も楽しかったですしねっ!!
 
 おっともうこんな時間!!本当は次回は本編を書きたかったんですが、次回も準備編を続けさせて下さい。まだ、あるんですよネタが…。
 
 それではSEE YOU NEXT AGAIN!!
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270