ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】2019年節分豆まき大会
2019-02-17
 おはようございます。本日夜勤明けです。
 
 先日、町田誠心園にて節分豆まき大会が行われました。インフルエンザの蔓延というものがあり、時期的にはだいぶずれてしまったのですが、利用者様達、もの凄く喜んでくれました。色々なイベントが中止になっておりましたので、皆さんストレスが溜まっていましたからね・・・!!
 
 ただ、節分といえば鬼に豆を投げるのが常なんですけど、鬼の着ぐるみを着ている職員はいません。ほぼ仮装・・・(笑)ちなみに今年の私の衣装は去年と同様、巫女。ただ、去年の白塗りの失敗もあり、今年は、いい感じにメイクしてもらいました。ただ、これが私一人の単体だったら、不気味なんでしょうが、私以上に凄い人達がいましたので、大丈夫だったというのもあるんでしょうが。
 
 いざ、ユニットに向かう時、遠方から大きな恵方巻きが近づいてきます。山本事務長と相談員の畑山さんが顔が出ている。畑山さんにいたっては、なぜかブリーフ・・・?ちなみにこの恵方巻き、最後、私の車の上に乗せられていました。雪の中こそこそ外に出て行って乗せてたんですね・・・。
 
 ユニットに向かいます。金子施設長の軽快なしゃべりで、いざ、登場という時、不具合が起こりました。曲がかからない。しばらく施設長につなげてもらい、いよいよ登場です。今回は各ユニットに前もってテーブル等を移動しておいてもらいましたので、結構自由に動けました。建前はそうなんですが、実際の所は、恵方巻きが動きやすい様にという理由が本筋なんですが。利用者様達我々が登場と共に、本気で豆を投げてきます。あげくに棍棒も投げてきました。新聞紙で柔らかめに作ったはずなんですが、結構痛いです。暑いは痛いはで散々な目にあっている鬼達・・・。ここまでやれば鬼も退散するしかないですね。
 
 一部のユニットには行く事が出来なかったのは残念なんですが、誰も怪我する事も無く安全に終える事が出来ました。皆さんのストレスはだいぶ解消出来たようです。
 
 最後に私の車の上に乗っていた恵方巻き、雪の中、私一人で撤去したという事皆さんにお知らせしておきます・・・。鬼は私の所にやってきました(笑)
 
 それでは皆様、SEE YOU NEXT AGAIN
 
 鬼は外~、福は内~!!
 
 
 
 
 
【日光誠心園】防災訓練の巻
2019-02-14

2/14(木)午後、日光誠心園では職員向けの防災訓練を行いました。

 

今回は地震災害対応訓練に特化したもので、1/30に行った地震対策研修の実地バージョンです。

宇都宮市を震源とするマグニチュード7.5の地震が発生し、日光市でも震度5強の揺れがあったという設定です。

東日本大震災の時もそうでしたが被害の全容がすぐにはわからない前提で、発災直後と発災後3時間経過を想定した訓練を行いました。

発災直後としては、揺れている間は職員自身が身を守るようにして、揺れが治まったら広いスペースに皆様を誘導するという訓練を行いました。

介護現場の職員だけでなく事務職員等も連携して動き、看護職員が誘導支援や負傷者を救護できるように機敏な動きを心がけて訓練しました。

エレベータにも職員等が閉じ込められた設定で救出要請を行う訓練を行いました。

各職員が決められた係の行動を適切に行えるか、業務や流れを体感して確認することができました。

今市消防署の職員も立ち会っていただき、水消火器による訓練と講評をいただきました。

また、発災後3時間後を想定した図上訓練も行いました。

事前に想定された情報をまとめてありましたが、参加者で話していく間に様々な問題点が出てきて活発な意見交換ができました。

具体的に想定してみると、東日本大震災や関東・東北豪雨の際の経験が活かされ、現状で多くの課題を洗い出すことができました。

今後施設として、あるいは職員個人として準備していかねばならない事が沢山出てきたことで、改めて災害対策について考えていく訓練になりました。

 

日光誠心園は新たな災害に立ち向かえるべく、日々精進していきます。

 
【日光誠心園】節分にちなんで…②の巻
2019-02-06

2/6(水)午後、日光誠心園では特養の1グループで節分関連行事を行いました。

 

今回のグループではもはや豆まきではなく『鬼退治』がメインのイベントです。

桃太郎さながらの設定で、しっかりと鬼を退治しようというコンセプトです。

そんな風に退治されるとは知らず、鬼は赤青男女で3匹登場しました。

入所者様達は鬼を取り囲み、と~っても優しい武器(棒状の風船)で鬼を退治にかかります。

しかしながらその程度では当然鬼はまいりません。

すると、次は職員も加わり、武器も巨大なハエ叩きや紙製の棒、ピコピコハンマー等が登場します。

しかしながらまだその程度では鬼も平気な様子です。

すると、最後は紙製の大きな豆を四方八方から投げまくるという最終手段に出ます。

これにはさすがの鬼もまいりました。

最後は施設長鬼が十八番の『鬼のパンツ』を盛大に披露♪

入所者様も職員も鬼も揃って踊り歌い、和やかな雰囲気で節分を満喫しましたとさ♪

めでたし♪めでたし♪

 

ちなみにその後は入所者様達が予想外の驚きの技術を披露しました。

器用に風船を操り、バルーンアートさながらに風船を結んでハチマキ等を作って楽しまれました。

思わぬ副作用で午後のひとときを楽しむことができました。
 
【大野北誠心園】節分 2019
2019-02-06

大野北誠心園に現れた鬼 devil どうやら いろんなところで悪さをしてきたため 節分当日には来られなかったようです

ちょっと遅れてきた訳は そういう理由があったんですねheart
 
さぞかし悪事を働いてきたんでしょうね
 
それじゃあ 皆さんで 懲らしめて改心させねば・・・・用意はいいですか〜yes

兄弟ユニットに集まって頂いた為 ユニット内のお年寄りも普段の倍の人数

豆に見立てた新聞紙を抱えて まだか まだかと 待っています
 
でも みなさん ユニットによって待ち方は様々laugh

お行儀よく待っているユニットもあれば やる気満々のところ
 
んんっ ここは どうやって懲らしめようかと 作戦会議中 のようですね
 
雄叫びとともに 赤鬼 青鬼 手下の鬼達の乱入です
 
ん・・? どっかで見たことのあるような鬼だって?

いやいや 違います違います 気のせい気のせい 鬼・・・・ おーに!

間違いなく 鬼です(笑)

なまはげと勘違いして 「怖いよ〜 怖いよ〜」と

ちょっと涙ぐむ方もいらっしゃいましたが
 
新聞紙をまるめた豆を4匹の鬼めがけて 思わず立ち上がって投げつけられていました

「おしまい おしまい」「参った 参った 降参」
 
という声も聞こえないほどエキサイトwink

んん ちょっと待った〜 職員にも襲いかかってますよね〜 こらこら(笑)

諸事情で 記念撮影 だけになったユニットもありましたが

季節感あふれたイベント 楽しいですよね
 
「今日 豆まきしたんだよね」とういう声掛けに

「えっ? そう? 忘れちゃった」と笑顔で答えられたりもしてますが

その笑顔が楽しかった事を物語ってますね
 
さあ 次はひな祭りです 玄関先には雛人形が飾られました どうぞ来設の際は御覧ください
 
【日光誠心園】日光の手打ち蕎麦実演会の巻
2019-02-05

2/5(火)午前、日光誠心園では熟練のプロによる手打蕎麦の実演会が行われました。

 

日光誠心園では恒例行事の一つ『手打ち蕎麦』。

『日光手打ちそばの会』の名店の店主である我妻様・半田様が、目の前で手打ち蕎麦の実演をして下さる貴重な機会です。

また、名店の手打ち蕎麦を日光誠心園に居ながらにして味わうことができる、絶好の機会でもあります。

半田様は開始直後から、蕎麦粉から蕎麦に仕上げるまでをゆっくりじっくりと実演して下さります。

その間我妻様からは蕎麦の健康効果や成分、新蕎麦やつゆ、引っ越し蕎麦の話など様々な蕎麦雑学を説明して下さりました。

蕎麦の太さが均一で0.81.2mmという繊細さを実際に半田様が包丁で切り出して見せていただくと、皆様から歓声が上がりました。

蕎麦を手元で見てみると、さすがという綺麗さで蕎麦の魅力を瞳で感じることができました。

見ている皆様もかつては蕎麦打ちをやっていた強者ばかりでしたが、感心した様子で神妙な面持ちの方もいらっしゃりました。

実演の後はお待ちかねの実食です♪

茹で上がった蕎麦をご利用者様は温かい天婦羅蕎麦バージョンで、職員は冷たいざる蕎麦バージョンでそれぞれいただきました。

言うまでもなく、皆様美味しく完食されていました。

 

我妻様・半田様、五感で地元の逸品を味わえる貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。

『日光手打ちそばの会』については下記リンクからご覧下さい。

http://www.nikko-teuchisoba.org/

 

<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270