ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】日帰り旅行に行ってきました!!PRRT2
2018-05-24
  本日事務所に用があり、ちょっとした作業をしていると、金子施設長がやってきます。そしてこれをかぶりなさいと、私の頭にヘルメットと肩には赤いマント(正確にはエプロンでしたが…。)なんだと思い鏡を見てみると、“パーマン1号”になってました。非常に悔しいんですが、今までで作成した作品の中でも一番クオリティーが高かったですねっ。しばらく装着して園内をさまよってましたもん。
 
 みなさんこんにちはっ!!M☆Yです。なぜオープニングがパーマンかって?じつはこれ昨日、日帰り旅行で帰宅された利用者様をお出迎えされた時に使用したアイテムらしいんです。話を聞くと、パーマン1号の格好で沿道まで出向いたとか…笑
 ってな訳でして、本日は、きたる5月23日、2回目の日帰り旅行に行って着ましたんでそのお話をひとつ…。今回は私は参加致しませんでしたので、詳しくはお話出来ないのですが、職員しかり、利用者様しかり話はある程度聞きましたので、ではスタート。
 
 今回、行きのバスでは、ほぼカラオケ大会が行われていたと。特に今回参加された利用者様、歌う事が好きな方が多かったらしく、江ノ島に到着するまで歌っていたとの事。私のユニットの利用者様に最初何が楽しかったって聞いた所、バスの中が一番楽しかったって言ってましたからね(何しに行ったの…?とは思いましたけど 笑)
 が、江ノ島に着くと、天気予報の通り外は雨!!今回はお昼を頂く、“魚華”さんの近くにバスを停めました。そのままお昼です。私のユニットの利用者様、お刺身御膳よほど美味しかったのか、残さず食べたと自慢げに話してきます。普段は残すくせに何で…?とは思いながらも、利用者様、笑顔で応える為、まぁ良しとしましょう!!本来であれば、水族館に行く前に江ノ島観光をしたかったんですが、外はあいにくの雨!!そのままカッパを着て、新江ノ島水族館に直行です。そして記念写真をパシャ!!フラッシュが届かなかったのか、ちょっと写りが暗いですね。が、皆さん満面の笑みです。そして水族館へINします。イルカのショーの始まりです。今回、イルカ達相当やる気があったようで、前回のようなグダグダ感はありませんでした。もしかして恋が成就したとか…?その後は、水族館の中を見学です。利用者様が言われます。町田誠心園の中にある水槽よりも大きくっていいね!!あそこにも置いてよ!!お答えしましょう。“無理です”大きすぎます。
 
 一通りの見学も終わり、お土産コーナーへっ。前回も書きましたが、今回参加された利用者様も、自分のお土産よりもユニットへ買って来てくれる利用者様が多かったとか。私のユニットの利用者様も買ってきてくれましたよ。前回私がユニットへと言って買ってきたものと同じものを…、これはオフレコでお願いします。
 
 楽しい時間は過ぎるのは早いもので、ご帰宅の時間です。帰りのバスの中、私がいなかった為、何人かの職員が軽いレクをやらさせられたと聞きました(笑)そして園に近づいて来ると、パーマン1号のお出迎え。全員無事帰園出来ました。これにて計2日間に及ぶ日帰り旅行の終了です。今回は前回の反省点を踏まえ本当に良い旅行が出来たと委員から聞きました。利用者様も大分喜んでおられ、次の日も興奮冷めやらぬ状態でした。
 
 最後に利用者様に話を聞いていて、温かみを感じた言葉があります。“あんたも来れば良かったのに!!一緒に来れたらもっと楽しかったと思うよっ”て言われました。忖度を重んじて言葉を発する方ではないので、素直に嬉しかったですねっ。ただ、その時感じたのは、今回2日間の日帰り旅行、利用者様達が喜んでくれたのは、自分達職員が利用者様方各位、自分の家族だって思ってくれてて、その家族と旅行に行けたって事に満足してくれたのかなって思います。
 
 今回日帰り旅行を担当された職員各位の方々、ご苦労様でした。また、楽しい旅行を提供して下さいねっ。
 
 それでは皆様SEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【日光誠心園】日光花いちもんめの楽しみ方②の巻
2018-05-23
5月23日(水)日光誠心園では特養の1グループで日光花いちもんめに行ってきました。
ブログ①ではベゴニア等花々の魅力を紹介しましたが、今回は小動物とのふれあいコーナーでの様子を紹介したいと思います。
 
温室の一画にはうさぎやハムスター、モルモット、ひよこ、カメやリス、インコまで様々な小動物と触れ合えるスポットがあります。
1枚目の写真はカメです。
『ケヅメリクガメ』という種類のようで、ゆったりと動いておりましたが、皆様が声をかけたり手を振ったりするとそちらに首を向けて返事をしているようでした。
なかなか大きなカメをこんなに近くで見ることがないので、じっくりと見入ってしまいました。
 
2枚目の写真はシマリスです。
大きな囲いの中で元気に動いていますが、エサをやる素振りをすると近づいてきてくれます。
愛らしい様子に皆様目一杯近づいて食いついていました。
 
3枚目の写真はモルモットです。
こちらも活発に動いていて、近寄ってきてくれるので可愛らしかったです。
他にもハムスターを見て職員は「かわいい」と言う一方で、入所者のお一人は「ネズミ!」と言って引いてしまったり、ひよこは素早い動きで皆様を翻弄したり。
うさぎは職員を癒してくれたり、インコはエサを近づけるともの凄い勢いで迫ってきて綺麗な扇のように見えたり…とにかく楽しみました。
時間がいつの間にか過ぎてしまい、急ぎ足で帰園してきました。
 
花も小動物もソフトクリームも楽しめて、入所者の皆様には大変満足していただけたようです。
日光花いちもんめの皆様、一生懸命対応して下さり誠にありがとうございました。
 
【日光誠心園】日光花いちもんめの楽しみ方①の巻
2018-05-23
5月23日(水)日光誠心園では特養の1グループで日光花いちもんめに行ってきました。
5月17日(木)のブログ【宇都宮動物園満喫♪の巻】で予告しましたが、本来はこの日も宇都宮動物園に伺う予定でした。
ところが、雨天の予報が出ており、今回は断念(…しかしながら午後になっても雨は降ってきませんでした…無念。)。
日光誠心園から車で10分程度の屋内観光施設『日光花いちもんめ』に行先を変更して行ってきました。
この施設には以前から特養もデイもお世話になったことがあり、度々活用させていただいております。
この施設は関東以北で最大規模のベゴニア園として観光地・鬼怒川に位置しており、大きな温室でいつでも満開の花々を鑑賞できるので、利用しやすいのが特徴です。
 
施設の中には上から吊るされたベゴニアと鉢植えのベゴニアが辺り一面に広がっており、入場すると入所者様達はカラフルな花々にうっとり。
皆様揃って歓声を上げて喜んで下さりました。
今年も桜や菜の花畑等季節の花々を追いかけている日光誠心園にとっては、入所者様向けの鉄板とも言える施設ですね。
吊るされている圧倒的な量と華やかに咲き誇っている一鉢ずつの大輪の花々に感動しきりでした。
別の棟にはフラワータワーや季節の花々が満開の状態で咲き誇り、ベゴニアとはまた違った趣で楽しめました。
最後はベゴニアに囲まれてオリジナルのベゴニアソフトクリームを皆様でいただきました。
ソフトクリームも鉄板メニューですので、鉄板×鉄板の組み合わせ、最強ですね♪
 
今回のブログ①ではベゴニア等花々について紹介しましたが、実は今回日光花いちもんめの新たな魅力で多くの時間を楽しませていただきました。
それを②で紹介したいと思います。
 
【町田誠心園】日帰り旅行に行ってきました!!
2018-05-19
 最近またあつくなりましたねっ。何もしていなくっても汗が止まりません。なんでも昨日は7月下旬の気温だったとか。まだ、5月半ばなのに…、そりゃ暑いはずですわっ。熱中症には十分注意下さいねっ。
 
 みなさんこんにちわっ!! M☆Yです。先日5月16日、町田誠心園にて日帰り旅行に行って参りました。今回私、M☆Yも見守り役として参加しましたんで、そのお話をみなさんにご報告しようかと…!!
 
 行き先は新江ノ島水族館です。そもそも私、茨城の片田舎出身ですんで、江ノ島って言われましても、名前位しか知りません。ですから、楽しみにしておりました。多分、利用者様達よりも!!バスに乗り込み、いざ江ノ島へ。到着するまでの間、レクレーションが始まります。クイズ大会とカラオケ大会。私、クイズ大会までは、おとなしかったんですが、カラオケ大会が始まるといつもの様に、テンションが上がります。本当は、今回私は、メインではないのでおとなしくしているつもりだったんですが。金子施設長からの声援を頂きます。“よっ!!この為だけに呼んだ~!!”私はB級芸人か…?”って思いながらも利用者様、そのご家族様達にも大変喜んで頂けたようです。そうこうしているうちに江ノ島に到着します。思ったよりも車が空いていた様で、予定よりも30分早く到着してしまいました。まあっ時間ギリギリでバタバタするよりも時間に余裕があった方が良いですよね。とりあえず、江ノ島を観光しようっていう事になりまして、一旦自由行動になります。江ノ島を見ながら思っていたんですが、私の地元の大洗に似てるなって…。そんな感じで、江ノ島の景色を堪能している間にお昼ご飯の時間になりました。“お食事所 魚華”さんに参集です。メニューは”お刺身御膳”見た目も色鮮やかで、フライング気味ですでに食べ始まっている利用者様も…。利用者様達大満足でして、全員舌鼓…!!魚華さんありがとうございました。
 
 いよいよ新江ノ島水族館に向かいます。到着と同時に、全員で記念撮影。私、撮影の方をしていましたんで、写真には写れません。ですんで、シャッターを職員に変わってもらって再度、“パシャっ!!”中に入ると、色とりどりの海の生物が泳いでいます。私、水族館自体、来るのは多分10年ぶり位でして、大分テンションが上がってしまいました。が、私以上にテンションが上がっている人が…。エレベーターの前に行くと、どこかで見た事がある人が、館内の案内をしています。はいっ!!金子施設長が聞かれてもいないのに、来る人、来る人に館内のお勧め所を案内しています。ただ、一過性はなく、次に来た人には別の所を案内していましたが…。理由を聞くと“私位になると、”その人の顔を見ただけで見て喜ぶ所が分かるっ”てっ!!私達黙ってエレベーターに乗り込みました(笑)色々な水槽を眺めている間に、イルカショーが始まる時間に…。ステージに向かいます。ステージで待っている間、金子施設長が私の所へっ。何かと思いましたら、アイスコーヒーが飲みたいとっ。そこの売店に売ってますんでどうぞって言いましたら、細かいのがないから立て替えてくれとっ!!じゃぁ大きいので払えば良いんじゃない!って思いながらも買いに行きます。そんなこんなでイルカショーが始まりました。バックが浜辺で最高のステージです。アザラシの登場(名前は忘れちゃったんですが…)色々な演技を見せてくれます。利用者様達、大笑いしながらの拍手喝采。そしてイルカ達が出てきました。が、何かおかしい?中々動いてくれないっ。静から動への局面の変化!!躍動感溢れるイルカ達のジャンプ。それを見ながら感動して涙を流している利用者様もっ。私、静から動への華麗なる変化っていう演出だと思っていたんですが、どうもこの時期はイルカ達にとって恋の季節らしく、ソワソワしてしまって中々言う事を聞いてくれないとか。恋をすると人もイルカも周りが見えなくなるのは一緒なんだなっと感心しながらも、いよいよエンディングを迎えます。指導員とイルカのジャンプショー!!もの凄かったですよっ!!私も一緒に飛びたいって言い出す利用者様も…。無理です!!怪我しますから(笑)本当に楽しいショーを見させて頂きました。
 
 ショーの後は各自自由行動です。今度はクラゲを見に行きました。私のクラゲに対するイメージは刺されるってイメージしかなかったんですが、水槽の中を泳ぐクラゲを見まして印象が変わりましたね。蛍光色に光って本当に綺麗です。次の場所に移動しましょうって利用者様に言っても、もう少し見たいと中々動いてくれません。利用者様、本当に感動されてました。
 そして最後にお土産コーナーへっ。利用者様達、共通されてるのは、自分へのお土産よりも、自分が居住するユニットへのお土産を優先される方が多く、ものすごい優しさを感じましたねっ!!
 
 そして帰りのバスへ。各利用者様、本当に喜んでくれてました。料理も美味しかったし、水族館も綺麗、イルカ達も可愛いってっ。それよりも私達が一番嬉しかったのが、自分達職員が本当に良くしてくれたっていう事にお礼を述べられた事ですかねっ…。今回、日帰り旅行担当委員の方々、何回も下見に行き、最高の日帰り旅行を提供してくれた事、大変感謝致しております。そしてご苦労様でした。
 
 それでは皆様、SEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【日光誠心園】施設長の奮闘in宇都宮動物園の巻
2018-05-17
5月17日(木)日光誠心園では特養の1グループで宇都宮動物園に行ってきたのですが、今回は人手等の関係で施設長にも参加していただきました。
施設長には他の職員と同じく入所者の方1名の車椅子移動介助等を行っていただきました。
施設長をピックアップして撮影しようとしたわけではありませんが、何故か貴重な瞬間をとらえた写真が複数ありましたので特集しようと思います。
 
1枚目はキリンの前で記念写真を撮影しようとした時の1枚。
キリンを餌でおびき寄せて丁度良い位置にしようとしていた際、落ちてしまった餌を拾おうとしている施設長の真上にいきなりキリンの顔が…。
キリンのよだれがたれてこなくて良かったですが、一生懸命な施設長の姿を垣間見ることができると思います。
 
2枚目はトリックアート前での1枚。
撮影側としてはホワイトタイガーに襲われてリアクションをとっている姿が欲しかったわけですが…満面の笑みでただの記念写真になってしまいました。
施設長の人柄が真っ直ぐに伝わると思います。
 
3枚目はホワイトタイガーの前での1枚。
ホワイトタイガーの近くはいつも人だかりができる人気のスポットですが…何故か猛獣と見つめ合う、哀愁漂う男の背中が際立つ1枚になってしまいました。
時には近寄りがたい雰囲気を醸し出す後姿の施設長です。
 
日光誠心園の施設長は行事にとても熱心で積極的に参加されます。
そして入所者の皆様・職員を気遣って一生懸命盛り上げ役を買って出て下さります。
今後も施設長の奮闘ぶりを片手間で追跡してみようと思います。
 
今回の宇都宮動物園への遠足の様子は下記リンクからご覧下さい。
 
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270