ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】最高の日向ぼっこの巻
2019-05-11

5/11(土)午後、日光誠心園では特養の1グループで外気浴を行いました。

 

日光は午前から日差しが強くカラッとした暑さになっていて、珍しく風も穏やかで絶好の行楽日和でした。

建物の中より外の方が暖かくて気持ち良いということで、入所者様達を正面玄関前のエントランスに誘導しました。

日差しが強いので、下半身だけが日差しに当たるようにして一列で日向ぼっことなりました。

いつもは風が少し吹くと寒いと感じられる方も、今日の風は暖かくて気持ちが良かったそうです。

木々は青々としていて初夏の雰囲気で、目に優しい癒しの色になっていました。

皆様の正面の大木には藤が絡まっており、紫色が映えていました。

体をさすったり体操したり居眠りしたり、また職員に耳掃除をしてもらっている方もいました。

外は明るくて耳掃除にはもってこい、まして心地良い空気の中ですので実に気持ち良さそうに掃除していただいていました。

SL大樹が煙を上げて走る姿も味わうことができました。

15時のおやつも外でいただき、1時間半程存分に外気浴を楽しまれました。

 

初夏の気持ち良いひとときをじんわりと満喫した日光誠心園です。

 
【日光誠心園】菖蒲湯の巻
2019-05-06

5/6(月)、日光誠心園ではこの時期にちなんだ行事を行いました。

 

今回行ったのは『菖蒲湯』です。

昨日華道クラブの先生が、端午の節句にちなんで菖蒲を沢山持参して下さりました。

いつもありがとうございます。

それを使わせていただき、端午の節句からは一日遅れですが入浴の際に特養とデイで菖蒲湯を行いました。

湯に入れてみると全体が鮮やかな緑色になり、凄く色味の良いお風呂になりました。

そのままの状態ですと匂いがなく、何となく雰囲気を感じるものなのかな~、と思っていました。

しかし、葉や茎の部分を追ってゴムで縛ってみると、何とも言えない爽やかな香りがして、鮮やかな色味のイメージにピッタリな匂いがしました。

ベテラン職員によると端午の節句にちなんだ魔除けの意味があるとか…。

また、調べてみると実際に薬湯としての効果もあるようで、様々な意味が込められているようですね。

実際の入浴画像は掲載できませんが、皆様興味深そうに菖蒲湯を味わっていました。

 

ゴールデンウィーク最終日・立夏の日に、地味ですが季節を肌で感じた日光誠心園です。

 
【日光誠心園】新しい時代を祝って…の巻
2019-05-01

5/1(水)午前、日光誠心園では特養で令和にちなんだ行事を行いました。

 

今日は令和元年5月1日、令和最初の日となります。

昨日はブログで紹介した通り、書道で令和を体感しました。

今日は昨日書いていただいた自らの作品を持っていただいて皆様で記念撮影をしました。

施設長には改元にそれっぽい服装をお願いして、時の官房長官スタイルにしていただきました。

施設長の持つ令和はパソコンで作成したものですが、額に入れて持っていただくことでそれっぽくなったかと思います。

全員で記念撮影した後は施設長と入所者様・利用者様一人ずつ並んで座っていただき、額と一緒に記念撮影しました。

施設長がそれっぽい服装だったためか、皆様緊張した面持ちでの撮影となりました。

たまたまご家族で面会に来られた方もいらしたので、皆様で揃って記念撮影していただくこともできました。

この写真が飾られて皆様に観ていただけるようになれば、新元号が皆様の中にもスーッと入っていくのではと期待しております。

また、デイサービス所属のポン汰も祝・令和ということで、五月らしく鎧兜のいで立ちで令和を掲げていました。

 

世の中の流れに乗って、新元号ムードに包まれた日光誠心園です。
 
【日光誠心園】新しい時代に向けて…の巻
2019-04-30

4/30(火)午前、日光誠心園では特養で臨時の書道クラブを行いました。

 

今日は平成31年4月30日、平成最後の日となります。

明日5月1日からは新元号『令和』ということで、皆様で令和を書いてみることにしました。

この元号にならなければ長い人生を通してもこの言葉を書くことはおそらくないと思いますが、これからはこの元号が今を表す言葉になります。

馴染みのない言葉ですし、世間のお祝いムードに乗っかって、日光誠心園でも書道を通じて令和に親しもうというわけです。

お手本は先日書道クラブの際に先生に書いていただいたものです。

皆様熱心にお手本を見ながら真剣に令和を書に表していました。

書いている間に話していると今がまだ昭和と思っていたという方もいたり、平成も書いてみた方もいたり、見本を半紙の下に敷いてなぞって書いてみたり…。

日光誠心園の中では世間ほど新元号には敏感ではない感じですが、書を通して少しでも実感が湧いてきていただければ幸いです。

明日から5月とあって、デイルームの飾りは鯉のぼりや菖蒲になり、窓の外の林も爽やかな新緑の装いになってきました。

 

朝から雨が続く平成最後の日ですが、新たな時代・新たな季節を五感で味わった日光誠心園です♪

 
【日光誠心園】書道の時間の巻
2019-04-24

4/24(水)午後、日光誠心園では特養で毎月恒例の書道クラブを行いました。

 

今回のテーマは『立夏』です。

今年は5/6が立夏とのことで、暦の上では来月上旬に夏になるわけですね。

夏と言っても、春が極まって夏の気配が感じられるようになる目安ということですので、ゴールデンウィークの陽気にはピッタリの言葉ですね。

皆様先生のご指導をいただきながら、黙々と立夏を書き続けていました。

各々の思うがまま、なすがままに様々な作品が次々と出来上がりました。

普段行うこともない書道の時間で、皆様は学生時代に戻られたように真剣に机に向かっておられました。

また、先生には元号の書を2つ書き記していただきました。

改元の際に、元号が発表された時と同じように皆様に持っていただいて記念写真を撮ろうと思っておりまして、それ用に一筆いただきました。

今度は皆様にも元号に挑戦していただければと思います。

 

皆様の作品は掲示スペースに飾られ、初夏の訪れを密やかに伝えて下さります。

<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270