ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【大野北誠心園】RUN伴+さがみはら2018
2018-06-04
「RUN伴(ランとも)」とは・・・
 
今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒になり、
 
歩く、走る、自転車、車いすの方が様々な手段で駅伝のようにタスキをつなぎ、
 
日本全国を縦断するイベントです。

そしてRUN伴の理念を下に、相模原市内で認知症の人々とかかわりながら
 
「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」をめざす RUN伴+さがみはら

大野北誠心園 も、今年 参加 協力しました
 
前走者の到着予定時間は午後3時です

朝から気合十分の職員は 今か今かとイベントTシャツに着替えて待っています

そして午後3時15分 はるか道路の先に小さくランナーが見えました

来た 来た やってきた〜

タスキを掛けたランナーは無事 大野北誠心園玄関前に 到着しました

お疲れ様〜 ご苦労様〜

熱い想いのタスキは しっかり我が施設長に引き継がれました

後は 任せて下さい!

マスコットキャラの見守る中 タスキに大野北誠心園の名前を記入し お供のランナーも のぼりを握りしめ気合十分!
 
次のタスキリレー地点は淵野辺駅です
 
いってらっしゃ〜い!
 
行くぞ〜! お〜!

精鋭5名の職員は 職員や利用者の声援 そして太鼓の応援を背中で聴きながらに

タスキをつなぐため 出発しました
 

梅雨間近なのに 今日はとってもいい天気で良かったですね

日頃の行いがいいから・・・・かな?(笑)
 
【日光誠心園】初夏のひととき
2018-06-03
6月3日(日)、本日は快晴!
 
外に出るのが大スキなご利用者様もウキウキです。
 
職員と笑顔のツーショット。
 
花壇の花を摘み、(コジンジョウホウなんたらを恨めしく思うような)とってもイイ表情でした。yes
 
突然ですが読者の皆様は、日光浴というものの効果をご存知でしょうか?
 
紫外線の関係から避けているヒトも多いとか。
 
実は高齢者の事故防止にも役に立つのです。
 
日光浴をするとビタミンDが合成されて、これによりカルシウムの吸収が上がることで、骨を強化することができます。
 
光浴をすると、セロトニンという物質が体内で分泌されるといわれています。
 
セロトニンは、うつ病の人に不足しがちだとされる神経伝達物質のひとつです。
 
ドーパミンなど感情に関する情報を整理する働きをします。
 
つまり、身体的にも心理的にも、事故防止の観点からも、日光浴は効果的ということです。
 
話が脱線しましたが…。
 
上に書いたご利用者様の様子を見た、別の介護職員さんから「玄関前でお昼にしよう!」と一言。
 
中継のとおり、穏やかな日の光とさわやかな風を浴び、ご利用者様たちは満足した模様です。
 
 
ミッションがインポッシブル
2018-05-30
 
日帰り旅行のお迎えがいつの間にかイベント化している「町田誠心園」。
今回の「日帰り旅行in江ノ島」のお迎えをどうしようかと考えていた私H☆K。
 
ちなみに前回の「日帰り旅行in国立科学博物館」の際のお迎えはと言うと
①赤い全身タイツに
②鬼のパンツ
③頭には鬼のカツラを装着し
④右手にはいつしか作られた巨大恵方巻きを抱え
⑤スタッフの高橋さんからお借りした電動自転車で
皆さんのバスとすれちがってみようという企画。
 
帰ってくるバスとすれちがうタイミングを、施設の隣にあるテニスコートさんのフェンス脇
から伺っているとテニススクールに来ていたたくさんのキッズからの黄色い声援が・・・
キッズたち「先生!!ほら!!そこに赤鬼がいるよ~」なんて先生に言っちゃうもんだから、先生
のレッスンも中断します。何かといろいろある時代ですけど、さすがに赤鬼の格好で一般の
大人の方に見つかると恥ずかしいものです。
 
「いや。今、声を掛けないで。恥ずかしいから」と私H☆K思いつつ、先生に不審に思われ
ないようまさに精一杯の作り笑顔と、恵方巻きを抱えていない左手で颯爽と声援に応えます。
 
この悪夢のような経験した私H☆Kが向かえる今年の日帰り旅行のお迎え。あまり深く考える
ことなくノープランで出勤しなんとなく考えてみます。
 
やっぱり皆さんおなじみのキャラがよいと「鉄腕のアトムさん」を作ろうと思ったのですが、
ヘルメットに貼る黒いビニールテープが今回は青しかないとのことで、急遽「パーマンさん」
を作ってみることに。
 
工程
①ヘルメットに青いビニールテープを巻く
②パーツを両面テープでくっ付けるだけで
あの「パーマンさん」が完成。M☆Yさんが「過去最高の傑作」て言ってくれたんですけど
作者の私H☆KからしますとM☆Yさんもまだまだですナ。
 
さて、いよいよお迎えの時間が迫ってきたので、今年は
①肌色の全身タイツに
②黒いパンツ
③頭には「パーマンさん」のメットをかぶって
④背中には赤いマントを装着
 
いわゆる準備が万端になったところで・・・。前回の反省を生かし、お隣のテニスコートにキッズ
さんたちが今日はいない(レッスンがお休み)ことを確認し、タイミングを計るべくバス通りに
「堂々」と・・・そして自分はあのトムクルー○さんだと言い聞かせ次から次に現れるミッション
に向かいます。
 
信号待ちの車があってもキッズさんたちの黄色い声援と比べるとまだ何とかなります。だって
青信号になれば行ってくれるから。
それにしても、事前のリサーチにも関わらず肝心のご利用者の皆さんが乗っているはずのバスと
ミッションがいっこうに来ないんですよね。仕方なしに、バスが来るであろう方向に向かうと・・・
まず最初のミッションが・・・
 
ミッション①
「左手のローソンさんから来る一般の買い物の方に注意しろ!!」
を見事クリアし更に進むと
 
ミッション②
「右手にある駐在さん(いつもお世話になっています)の視線に注意しろ!!」
も電柱を駆使し何とかクリア。
 
なんて心の中で数々のミッションをクリアし、最後のミッションが・・・
 
ミッション③
「正面から歩いてくる犬のお散歩中の一般の方を華麗にクリアしろ!!」
 
どんどん接近する私H☆Kと一般の方。さすがに恥ずかしいので、かなり手前から
街路樹を利用しミッションをクリアしたと思ったのですが、一般の方を華麗にスルー
したところで相方のワンちゃんから「ウ~ワンワン」と吠えられ最後のミッション
クリアならず!!
 
と個人的に楽しんで(実話ですよ)いたらようやく前から皆さんの乗ったバスが来て
くれましたとさ・・・。
 
PS:肝心のクオリティはバスに乗ってくれていた人が写真をくれたらアップしますネ。
 
おしまい
 
 
 
【町田誠心園】日帰り旅行に行ってきました!!PRRT2
2018-05-24
  本日事務所に用があり、ちょっとした作業をしていると、金子施設長がやってきます。そしてこれをかぶりなさいと、私の頭にヘルメットと肩には赤いマント(正確にはエプロンでしたが…。)なんだと思い鏡を見てみると、“パーマン1号”になってました。非常に悔しいんですが、今までで作成した作品の中でも一番クオリティーが高かったですねっ。しばらく装着して園内をさまよってましたもん。
 
 みなさんこんにちはっ!!M☆Yです。なぜオープニングがパーマンかって?じつはこれ昨日、日帰り旅行で帰宅された利用者様をお出迎えされた時に使用したアイテムらしいんです。話を聞くと、パーマン1号の格好で沿道まで出向いたとか…笑
 ってな訳でして、本日は、きたる5月23日、2回目の日帰り旅行に行って着ましたんでそのお話をひとつ…。今回は私は参加致しませんでしたので、詳しくはお話出来ないのですが、職員しかり、利用者様しかり話はある程度聞きましたので、ではスタート。
 
 今回、行きのバスでは、ほぼカラオケ大会が行われていたと。特に今回参加された利用者様、歌う事が好きな方が多かったらしく、江ノ島に到着するまで歌っていたとの事。私のユニットの利用者様に最初何が楽しかったって聞いた所、バスの中が一番楽しかったって言ってましたからね(何しに行ったの…?とは思いましたけど 笑)
 が、江ノ島に着くと、天気予報の通り外は雨!!今回はお昼を頂く、“魚華”さんの近くにバスを停めました。そのままお昼です。私のユニットの利用者様、お刺身御膳よほど美味しかったのか、残さず食べたと自慢げに話してきます。普段は残すくせに何で…?とは思いながらも、利用者様、笑顔で応える為、まぁ良しとしましょう!!本来であれば、水族館に行く前に江ノ島観光をしたかったんですが、外はあいにくの雨!!そのままカッパを着て、新江ノ島水族館に直行です。そして記念写真をパシャ!!フラッシュが届かなかったのか、ちょっと写りが暗いですね。が、皆さん満面の笑みです。そして水族館へINします。イルカのショーの始まりです。今回、イルカ達相当やる気があったようで、前回のようなグダグダ感はありませんでした。もしかして恋が成就したとか…?その後は、水族館の中を見学です。利用者様が言われます。町田誠心園の中にある水槽よりも大きくっていいね!!あそこにも置いてよ!!お答えしましょう。“無理です”大きすぎます。
 
 一通りの見学も終わり、お土産コーナーへっ。前回も書きましたが、今回参加された利用者様も、自分のお土産よりもユニットへ買って来てくれる利用者様が多かったとか。私のユニットの利用者様も買ってきてくれましたよ。前回私がユニットへと言って買ってきたものと同じものを…、これはオフレコでお願いします。
 
 楽しい時間は過ぎるのは早いもので、ご帰宅の時間です。帰りのバスの中、私がいなかった為、何人かの職員が軽いレクをやらさせられたと聞きました(笑)そして園に近づいて来ると、パーマン1号のお出迎え。全員無事帰園出来ました。これにて計2日間に及ぶ日帰り旅行の終了です。今回は前回の反省点を踏まえ本当に良い旅行が出来たと委員から聞きました。利用者様も大分喜んでおられ、次の日も興奮冷めやらぬ状態でした。
 
 最後に利用者様に話を聞いていて、温かみを感じた言葉があります。“あんたも来れば良かったのに!!一緒に来れたらもっと楽しかったと思うよっ”て言われました。忖度を重んじて言葉を発する方ではないので、素直に嬉しかったですねっ。ただ、その時感じたのは、今回2日間の日帰り旅行、利用者様達が喜んでくれたのは、自分達職員が利用者様方各位、自分の家族だって思ってくれてて、その家族と旅行に行けたって事に満足してくれたのかなって思います。
 
 今回日帰り旅行を担当された職員各位の方々、ご苦労様でした。また、楽しい旅行を提供して下さいねっ。
 
 それでは皆様SEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【日光誠心園】日光花いちもんめの楽しみ方②の巻
2018-05-23
5月23日(水)日光誠心園では特養の1グループで日光花いちもんめに行ってきました。
ブログ①ではベゴニア等花々の魅力を紹介しましたが、今回は小動物とのふれあいコーナーでの様子を紹介したいと思います。
 
温室の一画にはうさぎやハムスター、モルモット、ひよこ、カメやリス、インコまで様々な小動物と触れ合えるスポットがあります。
1枚目の写真はカメです。
『ケヅメリクガメ』という種類のようで、ゆったりと動いておりましたが、皆様が声をかけたり手を振ったりするとそちらに首を向けて返事をしているようでした。
なかなか大きなカメをこんなに近くで見ることがないので、じっくりと見入ってしまいました。
 
2枚目の写真はシマリスです。
大きな囲いの中で元気に動いていますが、エサをやる素振りをすると近づいてきてくれます。
愛らしい様子に皆様目一杯近づいて食いついていました。
 
3枚目の写真はモルモットです。
こちらも活発に動いていて、近寄ってきてくれるので可愛らしかったです。
他にもハムスターを見て職員は「かわいい」と言う一方で、入所者のお一人は「ネズミ!」と言って引いてしまったり、ひよこは素早い動きで皆様を翻弄したり。
うさぎは職員を癒してくれたり、インコはエサを近づけるともの凄い勢いで迫ってきて綺麗な扇のように見えたり…とにかく楽しみました。
時間がいつの間にか過ぎてしまい、急ぎ足で帰園してきました。
 
花も小動物もソフトクリームも楽しめて、入所者の皆様には大変満足していただけたようです。
日光花いちもんめの皆様、一生懸命対応して下さり誠にありがとうございました。
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270