ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】雪下のプラムの巻
2019-04-10

日光誠心園には敷地内にプラムの木があります。

毎年実をつけてくれて、それを収穫し皆様で美味しくいただいております。

そのプラムの花が満開となっており、入所者様の目を楽しませてくれています。

建物内から見える中では一番近くて綺麗な花です。

4/10(水)午後、茶道クラブを行っていると窓越しに雪が積もったプラムの木が見えました。

その様子がとても綺麗でしたので、皆様にも紹介させていただこうと思います。

プラムの花言葉は「忠実」「貞節」などとのことで、純白の花が花言葉を物語っているようで、また雪が積もることでより一層凛とした表情に見えますね。

 

雪なら雪なりに、雪模様の春を楽しむ日光誠心園です。
 
【日光誠心園】茶道の時間の巻
2019-04-10

4/10(水)午後、日光誠心園では特養で毎月恒例の茶道クラブを行いました。

 

本日は先生役の機能訓練士が特別なお召し物で登場です。

恩師からいただいた大切な御着物ということで、藍色の粋な姿で颯爽とお茶を点てていました。

椿とともに花瓶に生けられた季節の花は水仙、希望のシンボルという花言葉があるそうです。

弟子の職員達も上達して、スムーズにお茶が点てられ入所者様達を待たせることなく提供されて行きました。

また今回は施設長も参加され、中央で堂々とお茶をいただいたり、入所者様達と会話を楽しんだりと場を盛り上げて下さりました。

今回の和菓子は季節にちなんで桜がモチーフで、皆様美味しく召し上がられており、中には「いただきます。」の前に召し上がられた方もいました。

今回はにぎやかなお茶席となり、通りがかった職員が急に歌い出したり、話題が盛り上がったりと、笑顔が絶えないひとときでした。

先生が一人一人のところでお茶の点て方を教えている時は、皆様緊張しながらも楽しんでお茶を満喫していました。

 

外は雪模様でしたが、暖かな空気に包まれた日光誠心園でした。
 
【日光誠心園】日光の名残雪の巻
2019-04-10

4/10(水)、日光誠心園では季節外れの寒さと雪を体感しています。

午前中から降り出した雪は車や地面にうっすらと積もりだしています。

ようやく咲いてきた敷地内の桜の花や水仙も、ありえないような雪に見舞われて意気消沈しているようです。

4月とは思えない雪景色になっています。

まだお花見に出かける予定があるので、早く止んで欲しいと願う日光誠心園一同です。

 
【日光誠心園】永年勤続表彰旅行in九州の巻
2019-04-09

社会福祉法人三光会では、勤続10年を達成した職員に「永年勤続表彰」が与えられています。

3/3(日)~5日(火)にかけて、5名の職員がこの褒賞として九州へ旅行に行ってまいりました。

今回はその報告です。

 

今回は一緒に同行された常務が計画されたプランで、「佐世保観光~蘇る豪華客車で九州の食材を味わう~長崎市内観光」がテーマとのことです。

1日目は長崎県の佐世保から豪華クルーズバスで九十九島の眺望を味わったり、真珠の玉だし体験を行ったり、地中海料理のディナーを楽しみました。

展望台での記念写真に今回表彰された5名が楽しんでいる様子が写っています。

2日目はこの旅のメインイベント・JRKYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』です。

今話題の豪華列車で佐世保から長崎の鉄路を楽しみながら、九州の食材を使った食事とオリジナルスィーツのコースをいただいたそうです。

外装も車内もとにかく豪華、しかしたまたまなのか他の乗客が少なく、豪華列車の車内ではしゃいで女子旅を満喫できたそうです。

写真で外装やお出迎えの様子が伝わるかと思います。

また、長崎市に到着後は長崎らしく本場のちゃんぽんもしっかりと味わったそうです。

ジャンボタクシーで長崎の名所も沢山回って、夕食はいけすのある店で魚料理を満喫したそうです。

3日目は沢山お土産を買って無事に2泊3日の旅を締めくくられました。

 

短い旅だったと思いますが、豪華が沢山詰まった女子旅でとてもリフレッシュされたようです。

旅の様子を聞いているとこれから10年を目指す職員にとって大きな励みになりますね。

表彰された皆様、本当におめでとうございます。
 
【日光誠心園】まさに『花より団子』の巻
2019-04-06

4/6(土)、日光誠心園では昨日に続いて特養で梅の花見に出かけてきました。

 

場所は毎年梅を見に行っている日光市和泉地区です。

桜が咲き始めているこの時期でも日光では梅が見頃の地区があります。

昔は梅林が営まれていたそうですが現在は梅が咲き誇っているのみの静かな場所です。

いつもはこの梅林を道路から見ていくのですが、今回はこの地区が地元の事務職員からある場所に呼び出されたため、そちらへ向かいました。

その場所は梅林の中にある広場的スペースで、そこに行くと今日は休みのはずの事務職員が軽トラで参上。

そしておもむろにテーブルセットを出して並べ始めたのが、ぼたもちやおこわやお漬物などを大皿に盛りつけた、【お花見食事セット】でした。

この職員はサプライズ好きで、今までも様々なサプライズを密やかに行っていましたが、今回は休み返上で大々的なサプライズでした。

これには入所者も職員も驚きとともに大喜び!

梅を観ながら、というか梅そっちのけで皆様で有難くいただきました。

梅自体は満開の状態で雲一つない青空、穏やかに暖かな陽気で全てが観梅にピッタリのベストコンディションでしたが、やはり花より団子です。

どれも丁度良い味付けで入所者様にも召し上がっていただきやすく配慮されており、心もお腹も満タンになりました。

あまりに熱心に食事されていた方に、梅は観ていますか、と尋ねたら、『ご飯がウメー』とのことでした()

その後は梅林を後にして市内の咲き始めた桜を見ながらのドライブとなりました。

また、他のグループでは昨日に引き続き桜の花見に出かけていました。

 

サプライズ好きの職員様、今回は大変なおもてなし、本当にありがとうございました。

入所者・職員共に笑顔になれるひとときをいただくことができました。

<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270