ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】菊花賞
2018-10-22
 みなさんこんにちはっ!!MAZDAです。
 
 昨日10/21(日)菊花賞が行われました。もちろん利用者様馬券を購入されました。当日、私、休みでしたんで、わざわざ前日に購入です。私はあまり競馬は詳しくないので、よく分からなかったのですが、専門家に言わせると(山本事務長のことです)これはこないだろうとの事・・・。本当の大穴らしく、今回もダメだろうとみんな思っていました。ですが、利用者様に言わせると、理由があるらしく、菊花賞自体が79回目、そして京都で行われるから、関西出身のジョッキーの馬が勝つと・・・。全く根拠はないのですが、本人は勝つ気満々です。
 
 結果としては、3連複で購入していたら勝ちでした。惜しくも3連単で購入していましたんで。専門家もハズレはしましたが、凄いの一言。
 
 本日、朝私が出勤すると利用者様に呼ばれます。昨日の菊花賞は惜しかったとっ。そして最後よく分からなかったんですが、“やっぱり天皇陛下には勝てないなっ”とっ。多分皇室の紋章が“菊”なんで、そこにかけたんでしょうが・・・!!
 そのあとも会話は続きます。有馬記念は絶対にとると。ただ、有馬記念は、自分がお金を出すから、一緒にやろうと言ってくれました。が、全力で断ります。“それは無理”って。利用者様自分ばかり楽しんで、申し訳ないと思ってくれてるんですね。だからって、それを真に受けて本当には出来ないですけど。
 
 ただ、この利用者様、一時期体調を崩されていて、全く食欲が無く殆ど何も食べなかったんですが、馬券を買うようになってからみちがえりました。食事も全部食べるし、おかしも欲しいと言って来るくらい元気に・・・。ただ、最近は毎週、馬券を買いたいと言ってくるんで、困ってはいるんですが。もちろん馬券を購入する時はご家族の了承を得てから購入するんですが、先日面会に来られたご家族に、お説教されてましたね・・・、“調子に乗るなって”その後、私、ご家族に呼ばれて、お礼を言われていつもすみませんって謝られましたねっ。
 そのあと、利用者様、私を呼んで、あぁは言ってるけど、また、頼むよ松井君と何事もなかったかのように言ってきます。ったくしょうがないなと思いつつも、また、ご家族にお願いするようかって思いました。
 
 利用者様が喜んでくれるっていうのが一番ですからね。それではみなさんSEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【大野北誠心園】八景島シーパラダイス 日帰り旅行
2018-10-21
今回 大野北誠心園は 八景島シーパラダイス日帰り旅行に 出かけました

海風が強く 寒いとの情報でしたが 当日は と〜ても暖かくて いい天気に恵まれました(・・・ということは この中に雨男 雨女はいなかったんですね〜)

ご利用者様11名 ご家族 職員 合わせ 約30名での旅行となりました

定刻に予定通り いざ出発出発〜
 
八景島シーパラダイスに なんや かんやで 無事到着(早っ! どっかの朝ドラか・・・!)

まずは みんなで  記念撮影  です

さあ 水族館見学だ と思っていたんですが ちょっとばかり なんやかんやで 時間がかかってしまいまして 最初にイルカショーを見ることになりました

とってもお利口な白イルカの泳ぎと動きにみんな大満足です プールの後にも巨大モニターが設置されていて 水中の様子もわかります

手拍子が思わず出てきましたねlaugh
 
ペリカンを近くでみて 水中トンネルをくぐって・・・

さてと 次は・・・腹ごしらえです

昼食は海鮮丼 です
 
とっても美味しかったのですが ご利用者様には ちょっと量が多すぎましたね お腹いっぱいblush
 
昼食後は水族館の見学ですwink

一番人気はやっぱりシロクマです

セイウチ サメ 沢山の海の生き物に会えました

また 沢山の泳ぐ 魚 タコをみて 美味しそう・・・と お腹いっぱいなのに 思わず声に出してしまった方も・・・(笑)
 
帰りのバスの中でも楽しかった話題が尽きなかった一日となりましたsmiley
 
理事長 イルカの焼き印の入ったどら焼きの差し入れありがとうございましたheart
 
 
【町田誠心園】出発なのだぁ!!
2018-10-21

前回、私HKが担当をさせていただいた「したみした」のブログの中で、10月3日にも今一度下見に

同行をさせていただく予定とお知らせをしましたが、まーそのぉ・・・カクカクシカジカな事態が発生して

しまい無念の欠席をさせていただくことに。

 

そんなこんなで、参加してない=良くわからないということで10月3日の下見の話は遠慮なくほっと

きまして大事な本番の話をチョロチョロと小出しにしてまいりたいと思います。

 

ところで、皆さんお気付きでしょうか?実は・・・今回のブログでは町田誠心園も流行りにのっかる感じで

いよいよ写真のスライドショー的な機能を取り入れてみました。

 

いやぁ、実は一足先に大野北さんがこのスライドショー的な機能を取り入れていたのですが、私H☆K

あこがれといいますか・・・なんといいますか・・・大野北のブログ担当者さん。だまっていないで私にも

やり方教えてくれませんか」と心のなかで思っていたところ・・・・・「名探偵!!カネコナン」今回その謎を

自力で解き明かすことができまして、思う存分スライドしてみましたのだぁ!!

 

10月8日(1日目)

【いよいよ出発の朝】

午前8:30分に出発とのことで、皆さん少しお早めに1階のパブリックの集合場所へとお集まりいただき

ます。出発前には恒例の巨大パネルの前で記念撮影を行い磨き抜かれたのバスへと乗り込みます。

今回も先頭をまいりますのは①施設長号、②2番手を走るのが畑山相談員号、③しんがりはサポートカー

役目を果たす雅代ちゃん号。特に出発の時には式典的なものはないようで、お留守番チームのスタッフ

に見送られ静かに出発をします。

 

【横須賀PA】

実に順調。いたって順調。事前のリサーチ通り、祝日の朝で交通量の少ない16号線⇒保土ヶ谷バイパス

⇒横浜横須賀道路と何も面白ネタもなく進んでいきます。

そのころ1号車では、施設長が良かれと持ち込んだマイクセットを使って、お隣さんとの会話もままなら

ないほどのボリューミーなカラオケ大会。2号車では女子会的なトークに花を咲かせていたそうな。

 

【気になる目的地】

ところで、今年の一泊旅行のテーマは①海を船で渡りたい②海鮮を賞味してみたい③温泉に「ゆったり

たっぷりのーんびり」とつかりたい④ジャンクなものも楽しみたいということで、ほぼすべてを満たす

といわれる千葉県へと向かうことに。

 

つづく

 
【日光誠心園】実感・体感型研修の巻
2018-10-21

10/21(日)午前、日光誠心園では職員向けの研修が行われました。

 

今回の研修は、毎年行われている市民公開講座に合わせて行われているものです。

講師は昨日の阿久根英昭先生による市民公開講座からお世話になっている神奈川県柔道整復師会の皆様です。

今回は特に下肢の重要性について、認識と実践が大きなテーマでした。

まずは体の重心やバランスについて足の計測を個人毎に行っていただき、「足の指先で地面をつかむ力」がいかに意識されていないかを認識しました。

その後は体幹を鍛えるための簡単なトレーニング方法やバランスの確認を行い、日常的に気をつけていくべき点を学びました。

また、タオルを使った肩こりや腰痛の確認・解消方法や腰痛のひどい職員へのマッサージなど、多岐にわたってご指導いただきました。

職員からも積極的に質問が出るなど、非常に活発でためになる90分になりました。

特に介護職員にとっては仕事と身体の問題、それぞれが良い方向に結び付くように試行錯誤しながら受講していました。

 

神奈川県柔道整復師会の皆様、非常に有意義な研修を行っていただき誠にありがとうございました。

この研修に関連する10/20(土)の市民公開講座の様子は下記リンクからご覧下さい。

http://www.sankokai.com/publics/index/70/r_id=425/c_id=312/detail=1/&anchor_link=page70_312_425#page70_312_425

 
【日光誠心園】市民公開講座
2018-10-21
社会福祉法人三光会(日光誠心園)は10月20日、公益社団法人神奈川県柔道整復師会の共催、日光市などの後援等ご協力もあり、介護予防市民公開講座を開催しました。
 
講師は前年に引き続き、NHKの「ためしてガッテン」でおなじみの「阿久根英昭先生」。
 
前回の講座と若干、内容を変更して講演いただきました。
 
内容はおなじみの「足下から健康を考える」というタイトルだったのですが、今回は「転倒予防」と「変形性膝(しつ)関節症」について、より掘り下げて学べました。
 
足裏測定も実施され、参加者の皆様はとても興味深かったようです(画像1枚目)。
 
最後には「阿久根マジック(画像2枚目)」も披露していただき、参加された方から「また先生が来るなら必ず来ます」と言っていただけました。
 
お忙しい合間に遠路遥々お越しいただいた、阿久根先生と神奈川県柔道整復師会も皆様、会場準備からご支援いただいた、日光市の皆様、ありがとうございました。
 
また、お越しいただいた参加者の皆様にも感謝します。
 
PS
今回はゲストとして、阿久根先生の日体大時代からの旧友(栃木県柔道連盟宮﨑理事)がお見えでした(画像3枚目)。
 
柔道つながりとのことで、年齢を重ねてより強くなる絆。
 
「阿久根マジック」と同様、私たちもマネをしてみたいものです。
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270