本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【日光誠心園】「健康は足の裏から」の巻

2016-12-01

以前ブログでも紹介しましたが、桜美林大学の阿久根英昭先生による市民公開講座「健康は足の裏から」が10月22日(土)日光市の今市保健福祉センターにて盛大に行われました。

 

阿久根先生はテレビ出演など各メディアで大活躍されている、「足の健康科学」の権威!

足裏における土踏まずの形成と運動能力健康状態との関係に注目し研究活動を行われているとのことで、まさに「足のスペシャリスト」!

そんな先生の公開講座とあって、たくさんの日光市民の方々が足を運んでくださりました。

住み慣れた地域で自分らしく暮らしていくための健康法として、足裏健康法のわかりやすい講義と「アクネマジック・エクササイズ」と呼ばれる実技をご披露いただきました。

 

また、公益社団法人神奈川県柔道整復師会の方々には、腰痛予防に役立つエクササイズをご指導いただきました。

 

幅広い活動をなさっている先生方に貴重なお時間をいただき、非常に有意義な機会を市民の皆様と分かち合うことができました。

阿久根先生・神奈川県柔道整復師会の皆様、本当にありがとうございました!

 

また、日光市をはじめ日光市介護サービス事業者連絡協議会・日光市ケアマネジャー連絡協議会の皆様、ご協力ありがとうございました!

介護職員の薬の知識 研修

2016-10-22
 大野北誠心園では 10月15日と19日の2日間 全職員介護職員の薬の知識】のスキルアップのため 座学研修を受けました
 
今回で薬の座学研修は3回目
 
薬とは・・・・
薬事法という法律で医薬品として定められています
 
スクリーンを見つめて 聞き漏らすまいと お勉強です
 
医療用医薬品 OTC薬 大衆薬
 
内用剤 外用剤 注射剤 
 
内用剤の種類と特徴 血中濃度 副作用 保管方法
 
誤薬の危険性
 
正しい服用の大切さ
 
誤投与による症例 お薬を確実に与薬するための方法 等など・・・・・・
 
初心忘るべからずです
暗いからって 決して居眠りはしていません
命にかかわる 大切な知識です
 
レポート提出を忘れないでね〜
 
・・・未受講者は11月に受講することになります・・・

【町田誠心園】秋フェスの巻

2016-10-19
 
まぁ・・・ちょっと納涼祭のレポートはおいといて(いろいろあったので・・・ポリポリ)
 
そんな中で、町田誠心園の三大フェスの一つである「さんま祭り(秋フェス)」が無事に
開催されましたって報告したいのですがこれもいろいろあったんですよね。
 
さかのぼること前日
 
「oh野さんはさぁ。町田誠心園のすべての行事を司る行事の神なんだからさぁ。なんで何にも
仕込んでないのよ。結局ネタっていってもあたしがポロッと言った青空カラオケでしょ。ヒネリが
ないのよ。ヒネリがさぁ。もっと野茂ぐらいヒネンなくてどうするのさぁ。もっとヒネッていこう
よぉ」(施設長)
 
「だいたいさぁ。また全身タイツ着ようとしてるわけでしょ。そんな安易な気持ちで全身タイツ
着ればいいって全身タイツに失礼でしょ。正直あきが来てるのよ。あきフェスだからって言って
もあきてんだよね。あきてないこと考えてよ」(施設長)
 
「それにさぁ。さんまをまんままんま焼いてまんま食べていただくわけだからさぁ。そのまんま
でいこうなんてまんまおかしいよね」(施設長)
 
って。最近急にダジャレに凝りだした施設長がoh野さんのツボを微妙に刺激しようとしてるん
ですけど。 
 
oh野さん神妙な顔して聞いてるんですよネ⇒⇒⇒⇒「おいおい!!!真面目かっ!!!」
 
 
そんな施設長自慢の青空カラオケもグタグタな感じで・・・
「唯一パリッとしてたのが焼きたてのさんまのカワだった」ってな落ちでいかがでしょうか。

第2回 秋祭り

2016-10-16
 9月24日 大野北誠心園 2回めの秋祭り開催!!!
 
天気予報で雨の予報・・・
 
職員も ハラハラドキドキしながら 当日を迎えました
 
・・・・やはり 当日は あいにくの雨模様  こればかりは仕方ありません(残念)
 
しかし 手探りだった昨年と比べ 職員も手慣れた様子 イベント会場を施設内のパブリックスペースに変更 少々のドタバタも この際ご愛嬌です
 
入居者の皆様はそれぞれ 浴衣やはっぴをまとい にこやかなご様子
 
焼きそば わたあめ おでん サンマ 唐揚げ フライドポテト ヨーヨー釣り ガラポン等など 屋台の食券も配られて お祭り気分も徐々に盛り上がってきました
 
最初は何を食べようかな・・ えっ ビールもOK!?
 
そうです ビール好きの方には医務の許可 指導のもと 少量ですがアルコールOKだったんです
 
職員手作りの神輿が各ユニットをまわり記念撮影! いよいよ秋祭りの開始です
 
各階 催し物のユニットと 屋台のユニットに別れて 利用者様の民族大移動 ご家族も雨の中 続々と来設され あっという間に人 人 人・・・
 
会場内の記念撮影コーナーも大盛況!!
入居者さまも 満面の笑みを浮かべ ハイ・ポーズ!
 
歌 踊り 太鼓 花笠音頭 様々なボランティアの方々の協力のもと 楽しく開催することが出来ました
アンコールの拍手もあり 予定時間オーバー 屋台コーナーも長蛇の列 昨年の倍以上の数量を用意していたにもかかわらず 売り切れとなってしまいました
 
参加して下さった ご家族の皆様のお陰で お祭りは大変盛り上がりました
 
日光の誠心園 町田誠心園から応援に駆けつけてくださった職員の皆様 翌日のお片づけまでやって頂いて 感謝 感謝です
 
厨房の皆様 沢山の料理 ありがとうございました 本当に美味しかったです
 
また来年も宜しくお願いしま〜す

【町田誠心園】春フェス『本番』

2016-09-28
 
ペーパードライバーの管理栄養士さんが助手席で真剣な顔をして言うんですよ。
 
「あのさんままつりの日にアレが来たの覚えているでしょ」って。
 
「いや、あの。あの日だよね。できれば・・・実は俺も忘れたい。なんで急にそれを」
 
「私わかるんだよね。アレが来るときってさ。本当は大野さんもわかってたでしょ」
 
って言うんですよね。
 
「いや、あの、そうだよね。実はあの時俺も気づいてたんだ。アレが来るって・・・。
 
でもその時は言えなかったんだよ。いや、言いたくても言えない雰囲気だったんだ」
 
「その気持ちも、わかるけどちゃんと言ってくれないないと」って管理栄養士さんが急に怒り
 
だしたんですよ。
 
「いや・・・でも。確かに冷たい風が吹き始めて・・・。明るかったのに急に薄暗くなって・・・。
 
でも・・・みんな楽しそうに会場にいてくれたから。でも、その・・・アレが来るのは感じていた。
 
それは嘘じゃない。そしたら来たんだ。アレがー雨がーアメマーアレマー」って。
 
 
だから、誕生したのがこの春フェス。だって雨なんて関係なく中でできるから・・・。それに、納涼祭
 
とさんままつりと春フェスができれば『町田誠心園三大フェス』みたいにかっこよくなりそうだから・・・。
 
だからやってみたの。『春フェス』
社会福祉法人 三光会
〒321-2412
栃木県日光市倉ケ崎605番地7
TEL.0288-21-7020
FAX.0288-21-7270
・特別養護老人ホーム
 誠心園(栃木県日光市)
・特別養護老人ホーム
 町田誠心園(東京都町田市)
・特別養護老人ホーム
 大野北誠心園(神奈川県相模原市)
ショートステイ
デイサービス
在宅介護支援センター
ホームヘルパー派遣
TOPへ戻る