ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【大野北誠心園】あんこうつるし切り
2019-03-21
角上魚類さんの ご厚意で仕入れることができた 新潟産 重さ26キロのあんこう

急遽決まった つるし切りイベントindecision 
 
是非見たいと 職員に誘導された お年寄り達が パブリックスペースへ集合

あんこうを初めて見たという方も多く その大きさに瞳は釘付けindecision

せっかくだから もっとよく見てみようと 吊るされたあんこうに近寄って まじまじと見られている方もいらっしゃいました

お年寄りたちが集まったところで いよいよ解体です

あんこうって まな板の上ではうまく捌けないんですよね ほんとに吊るし切りなんですね
 
塩でぬめりを取りながら 口の周りから解体作業

まず 皮を剥ぐところから始まりました
 
管理栄養士のK氏 14年ぶりの解体 ということで ちょっと緊張 indecision
 
「これが 卵?????   あれ? 失礼しました  こっちだこっち これが胃袋でこっちが ぬの(卵) ちなみに 卵巣をぬのといいます」

一つひとつ丁寧に説明しながらの作業
 
胃袋からは イカやアジが出てきました

剥いだ皮は歯ごたえが良いということで 職員食として提供するとのこと
 
意外と身は少ないかな と思いました
 
最初は気持ち悪いと 嫌がっていたお年寄りの方たちも 見終わってから

「見に来てよかったよ」

「素晴らしい あんな大きいの?」

「なんとまあ いろんな臓物が沢山ありましたね〜」

「皮がいっぺんに着物を脱ぐみたいにねえ〜 こんなの初めてみたかしら」

「お肉おいしそう あまいのかしら?」

と笑いながら 話されていました
 
翌日は メニュー変更 あんこう鍋となりましたenlightened

こりこりした食感でとっても美味しかったようです

(・・・だって 食べたこと無いんです・・食べたかったな・・・)
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270