ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】秋まつり
2018-11-12

ところで・・・皆さんはさんまのおなかの部分をご賞味できますか?HK、好き嫌いというわけではない

のですがあのおなかの苦味が苦手でございまして、焼き上がりのさんま(お皿にOnした状態)で言います

と上の半分と下の右手のしっぽよりしか賞味できません。いつかもう少しだけ大きくなったらその苦味が

分かる紳士(ダンディ)になりたいと思う今日この頃。

そんな中・・・・今年ももれなく開催をしました『秋祭り』。この秋祭りとはなんぞやといいますと、簡単に

言うならば旬のとれたてピチピチなさんまを炭火でふっくらジューシーに焼き上げてご賞味いただくとい

う企画でございます。

 

【今年のさんま】

独自の鮮魚の仕入れルートを確保している町田誠心園。今年もそのルートを駆使して、先方さんが一番の

おススメという北海道厚岸産のピチピチを凌駕するブリブリのさんまをGET

 

BBQ

秋祭りは午後イチから。しかしながら、午前11時には火をおこしまして、某施設長とOhyaさん(スタッフ)

が馴染みの「業スー」で購入をしてきました①やきとり②ウィンナー③エリンギ④イカなどの食材をBBQ

楽しみテンションをアップします。

 

【必殺ワザ】

さんまが網に引っ付いちゃうのでそれを防ぐために生まれた必殺ワザ『はさみ焼き』。ただ単純にさんまを

網ではさんでひっくり返すことで、さんまが網に引っ付くのをそれなりに防ぐことができます。

 

【窓辺から】

煙くなるので、中庭がさんま焼き場となるのですがその喧騒からは信じられないほど窓辺越しのパブリック

スペースで皆さんがおいしそうにさんまをご賞味いただいている様子が目に入ってきます。お帰りの際には

皆さんこちら(さんま焼き場)に手を振っていただきましてうれしい限りですナ。

 

【はんせい】

実は、奥義はさみ焼きに懐かしの『チョット待った』コールが・・・。さんまを網ではさんで焼くとせっかくの

さんまのジューシーさが失われてしまうというご意見が。フムフム、たしかに言われてみると返す言葉ないと

いうのはこのことで・・・次回、はさみ焼きに変わる新たな新技が生みだされるのか・・・こうご期待を・・・

 

<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270