ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】職員親睦会旅行の巻
2018-10-06

10/3(水)、日光誠心園では職員親睦会の旅行に行ってきました。

 

日光誠心園の職員親睦会では、ここ数年毎年日帰りで旅行に出かけています。

変則的な勤務で特養は365日営業中の施設ですので、職員の休みがバラバラな為、日にちを分けて出かけています。

今回は栃木県東部にある那珂川町で『温泉トラフグ』を昼食でいただく事をメインに計画されました。

午前は茨城県久慈郡大子町へ行き、日本三名瀑の一つ『袋田の滝』に行きました。

台風の後でしたので水量も多く、迫力ある姿を満喫できました。

紅葉には早い時期ですが、枝先の葉が色づき始めたもみじを見ることもできました。

その後は同じ大子町にある『大子ブルワリー』に立ち寄りました。

地ビールの醸造元で、本場ドイツの製法と大子町の美味しい水をかけあわせた、評価の高い地ビールを試飲させていただきました。

店構えもロケーションも素敵な場所で、今度はランチで訪れてみたいと思えるスポットでした。

昼食は栃木県に戻って那珂川町の食事処『みず乃』で今回のメインイベント、温泉トラフグです。

コースでいただきましたが、どれも美味しく、特に鍋の後の雑炊は絶品でした。

アットホームな佇まいのお店で、ボリューム満点のコースを堪能させていただきました。

午後も那珂川町馬頭広重美術館や乾徳寺、道の駅きつれがわなどに立ち寄り、ゆったりとしたバス旅行を楽しみました。

 

仕事場では部署ごとに分かれている為なかなか交流が持てないので、こういった機会があるとより日光誠心園の一体感を充実させることができると実感できました。

また、絶品の温泉トラフグをはじめ様々なスポットでの癒し効果もあり、また仕事を頑張って行こうというよいリフレッシュの機会にもなりました。

親睦会役員の皆様、忙しい中での楽しい旅行の企画運営、本当にありがとうございました。

この旅行は10/10(水)・10/14(日)にも行われます。
 
【大野北誠心園】第4回地域交流 秋祭り
2018-10-03
過去3回のうち 2度の雨に見舞われた 大野北誠心園地域交流秋祭り

そんな経験から 晴天時・雨天時 2つのタイムスケジュールを用意しての準備となりました

結果は さてさて・・・・crying

いや〜 残念ながら 今年も雨!!! どこかに雨男 雨女がいるのでしょうかね〜・・・・・?
 
朝から雨天時のタイムスケジュールに合わせて慌ただしく動く職員達

各ユニットには それぞれユニット札 はっぴが配られ昼食後 まだかまだかと ご利用者様はお待ちかねです
 
14時30より 1階から 恒例のガラポン大会
 
賞品は 1等 バーベキュー 2等 すき焼き 3等は玉子焼き その他ヨーヨー釣りです
 

4階からは 勇ましい掛け声と共に 神輿が回ってきました

今回も日光 町田から職員が駆けつけ お手伝いをしていただきましたheart
 
15時30分よりパブリックスペースへ誘導開始 ご来賓の方々も受付を済まされ 秋祭りの開始です

今年のテーマは サンマ1000本祭り!

理事長、自治会長 地元議員様のご挨拶や祝電が読み上げられました

足元の悪い中での開催となった秋祭りでしたが 地域の方々 ご利用者の家族 多数 お越しいただき ありがとうございました
 
和太鼓の生演奏 職員有志のマツケンサンバ (と〜っても怪しいマツケンが目をひいていましたね)

その他 マッサージの実演や はくちょうユニット玄関入り口では記念撮影 

提灯やぐらを囲んでの婦人会の盆踊りと 楽しい時間が過ぎて行きました
 
夕食は サンマ 焼きそば 豚汁 唐揚げ等など・・・
 
厨房のみなさま 今回もたくさんのお料理を作っていただき本当にありがとうございました
 
来年も みなさん 頑張りましょう〜!
 
【日光誠心園】コミュニケーション技術研修の巻
2018-09-26

9/26(水)、日光誠心園では職員向け研修を実施しました。

 

今回は一般社団法人栃木県介護福祉士会に依頼して、コミュニケーション技術についての研修です。

講師は日光市内の特別養護老人ホームで施設長をなさっている岩原先生です。

今回のコミュニケーションは、職員同士のチームワークなど、介護現場での職員同士のコミュニケーションをテーマにしています。

介護職員同士の連携等介護現場にとっては必須の内容ですね。

先生は「一般的なコミュニケーションとは何か?」から徐々にテーマを掘り下げていきます。

【私たちが100%(=完全に)意思疎通できることはない。これがコミュニケーションの真実】

【コミュニケーションとは伝わりづらいものだ】

【相手に合わせて調和的な関係を】

【聴く力80:話す力20

【第一印象が大切;視覚での情報55%・聴覚38%・言語7%】

【普段のやりとりでも意識して相互理解を】

などなど、わかっていそうではっとするような内容で1時間、本当に勉強になりました。

岩原先生の講義は非常にわかりやすく内容の濃いものでした。

この研修の成果が少しでも実際の職員同士のやりとりに活かされれば、より良い職場が構築されていくのではと感じられました。

また、職員のコミュニケーション能力が高まれば高まるほど、その効果で入所者様・利用者様とのやりとりもより充実したものになると感じられました。

 

岩原先生、ご多忙の中ご協力いただき誠にありがとうございました。
 
【日光誠心園】日帰り旅行③の巻
2018-09-22

9/20(木)、日光誠心園で日帰り旅行に行ってきた報告の第三弾です。

 

今回は旅行の楽しみ、食事の様子を紹介いたします。

昼食は水遊園から車で15分程のところにある『大田原市ふれあいの丘シャトー・エスポワール』にある『レストランフォレスト』でいただきました。

予約しておいた【ふれあい幕の内】です。

ボリューム満点のメニューでしたが、やはり外食となると皆様豹変します。

長旅の疲れもどこへやら、いつも以上にしっかりと召し上がられ、黙々と食べていましたので静かなひとときが流れました。

これだけ食欲があるから元気に日帰り旅行もこなせるんだ、と妙に納得してしまいました。

また、帰り道で休憩に『道の駅やいた』に立ち寄りました。

ここでは入所者の皆様大好き鉄板メニュー、ソフトクリームをいただきました。

矢板市は林檎が特産ですので林檎のソフトクリームもあり、外出ならではの特別な逸品をしっかり完食されていました。

道中無事に何事もなく、安全に帰って来ることができ、職員一同本当にホッとしました。

 

全てが100%完璧というわけではありませんが、計画から実施完了に至るまで、ある程度は合格点でこなせたのではないでしょうか。

水族館が初めてで本当に面白かったという声を数日経った今も聞かせていただき、頑張って行った甲斐があるな~、としみじみ思います。

そして参加した入所者の皆様の体調が現在も特変なく元気に過ごされていることに、本当に感謝しております。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今後も入所者の皆様に生活の潤いとなる外出が行えるよう、職員一同精進していきたいと思います。

 
【日光誠心園】日帰り旅行②の巻
2018-09-22

9/20(木)、日光誠心園で日帰り旅行に行ってきた報告の第二弾です。

 

今回もなかがわ水遊園での様子を報告いたします。

この水族館の見所の一つが、アマゾン川を再現した巨大水槽を貫くトンネルです。

水中を闊歩しているかのように体感できる水槽には、写真にも写っているアマゾン最大の巨大魚ピラルクーなど個性的で多彩な魚が満載でした。

また、水槽掃除をしているダイバーにも出くわし、手を振っていただくなど非日常的な空間を楽しみました。

曇り空でしたが、外からの光が降り注ぎ、見所を十分満喫できたと思います。

また屋外には池があり、水連が咲き水鳥が羽ばたいており、朝顔がグリーンカーテンのように外壁に掛けられているのを間近で見るなど、暑すぎない屋外を有意義に散歩することもできました。

到着直後に撮った集合写真には皆様の笑顔が溢れていますが、長旅の疲れを感じさせない皆様だからこそ水族館も屋外も元気に満喫できたのだと、改めて皆様の力強さを実感しました。

この報告は③に続きます。

<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270