ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】ちょっぴり早いクリスマス②の巻
2018-12-13

12/11(火)午前、日光誠心園で行われた特養クリスマス会の報告第二弾です。

 

今回はクリスマスプレゼントや記念撮影についてです。

最近特養では行事の度に職員のコスプレイヤーが登場して場を盛り上げてくれています。

一説によると一部職員の中でコスプレに目覚めた者がいるとの噂もありますが…。

とにかく今回もクリスマスにちなんで施設長のサンタをはじめトナカイ、不気味な雪だるま(女性)、ミニスカトナカイ(男性)が登場しました。

サンタやトナカイはともかく、雪だるまやミニスカトナカイはビジュアル的にもの凄く、入所者の皆様の表情も微妙な反応が…とりあえず笑えました。

飾ってあるクリスマスツリーの前などでコスプレキャラと記念撮影をしたりして、クリスマスの思い出作りを行いました。

写真は撮ってあると後で面会に来られたご家族が大変喜ばれるので、様々な機会で積極的に撮っています。

そして、クリスマスと言えばサンタさんからのプレゼントですね。

今年もサンタ施設長から皆様に一つ一つプレゼントが配られました。

それぞれの方に合わせて配られたプレゼントは皆様に大変喜んでいただき、その場で着たり見せ合ったりと、皆様童心にかえって楽しまれていました。

年齢を問わず、季節の行事は皆様で盛り上がって楽しめるものだと改めて感じた瞬間でした。
 
【日光誠心園】ちょっぴり早いクリスマス①の巻
2018-12-13

12/11(火)午前、日光誠心園では特養でクリスマス会を行いました。

 

特養のクリスマス会は毎年、この時期に訪問してお遊戯をして下さる『せせらぎ保育園』様に合わせて行われています。

お子様たちの一生懸命の姿は他の何物にも代え難い機会ですので、クリスマスと掛け合わせるのには絶好のイベントです。

クリスマス会としては【①せせらぎ保育園様のお遊戯】【②プレゼントや記念撮影】【③ケーキなど食事】、と三本柱ありますので、ブログも3本立てでいきたいと思います。

まずは、せせらぎ保育園様のお遊戯です。

今回は5歳児の方が11名来園され、男の子と女の子に分かれてそれぞれ踊りを披露して下さりました。

男の子達はKis-My-Ft2の曲で激しく、時には剣を振りかざして勇ましく踊ってくれました。

女の子達は松任谷由実の曲でおしとやかに、扇子を手に雅な雰囲気で踊ってくれました。

少し前にお遊戯会があり、その演目を演じられたそうで、完璧な舞台でした。

最後には入所者の皆様に手作りのリースをプレゼントして下さりました。

握手の際にはしっかりと手を握って下さり、握られた方は感動ひとしおの様子でした。

 

せせらぎ保育園の皆様、いつも素晴らしいひとときのプレゼント、ありがとうございます。

また来年も、よろしくお願いいたします。
 
【日光誠心園】奥深い極意の巻
2018-12-01

11/27(火)午前、日光誠心園では職員研修を行いました。

 

今回の研修はテープ止めのものやパッド等いわゆる『おむつ』の当て方・使い方研修です。

専門家である()リブドゥコーポレーションの高橋様に講師を依頼して、実際の現場で行いました。

排泄面で介護が必要な方にとっては必需品であり、介護職員も普段から使っている日常品ではありますが、その当て方やサイズ選び、尿の吸収量等を適切に選ぶのは至難の業です。

また、ご利用者様の身体状況によっては様々な工夫が必要となります。

介護職員もプロですからその悩みは当たり前のものではなく、非常に難しい問題です。

場合によっては皮膚トラブルや睡眠の阻害等、身体的・精神的に重要な課題となってきます。

そういった介護現場のお悩みを、高橋様は熟練の技と知識で一つ一つ解決に向けての道筋を示して下さります。

おむつの当て方一つにしても、介護職員が驚くほど納得のできる方法を指導して下さりました。

また、介護未経験の新人職員についても今回の研修ではフォローすることが目的で、それぞれ個別に指導を受けて練習していました。

特にいつも見直しが必要になるのが、おむつのサイズ選びです。

これはご指導いただくと多くの場合サイズの小さいものを選んだ方が良いことになります。

それによって不快感や漏れ等多くの問題を解消することにつながっています。

この研修を行うことによって、職員にとってもご利用者様にとってもおむつの面で大きな効果を得ることができました。

今回は他にも11/9・11/12にも行い、計3回の研修で多くの職員が現場で体感することができました。

 

()リブドゥコーポレーション高橋様、多くの時間を費やしてご指導いただき誠にありがとうございました。

また、研修に快くご協力下さりましたご利用者の皆様、誠にありがとうございました。

この研修は今後も定期的に行っていく予定です。
 
【日光誠心園】熱々の午後の巻
2018-11-12

11/8(木)午後、日光誠心園では特養の1グループで行事を行いました。

 

行事のメインは、職員による手作りおやつで【たこ焼き】です。

粉物は入所者様の好物で、出来立てを召し上がっていただける好評企画です。

今回は職員がお祭りバージョンで大量生産に挑みました。

ただ、たこ焼きが出来上がるまでの間、ただいい匂いを嗅いで待っているだけではお腹が減る一方です。

今回は待ち時間を使って日光誠心園恒例の【1対1タオル綱引き】を行いました。

この競技は毎回白熱必至、入所者様達の対決はどれも大熱戦でした。

膠着状態で引き分けになる場合も多く、勝っても負けても笑顔が溢れていました。

入所者様の後は職員の因縁の対決です。

それぞれ入所者様達よりも気合いが入り、本気の対決となりました。

写真では副主任同士の対決ですが、髪を振り乱して戦う様子からも現場の白熱具合が伝わるかと思います。

熱い戦いの間たこ焼きは順調に焼き上がり、戦いの後に皆様に振る舞われました。

当然の如く、あっという間にたこ焼きは消費されました。

体を動かした後ですので、より美味しいと高評価をいただきました。

 

入所者様も職員も、いろんなものを発散してお腹を満たしたひとときでした。

 
【日光誠心園】見頃を満喫の巻
2018-11-12

11/8(木)、日光誠心園では特養の1グループでまたまた紅葉を見に行ってきました。

 

今回も定番・鉄板の鬼怒楯岩大吊橋に行ってきました。

一つ前の日光誠心園のブログで深紅のもみじを紹介しましたが、その日は日中曇り気味でした。

しかしテレビや新聞でも連日鬼怒川見頃という紹介がありましたので、思い切って行きました。

紅葉は太陽の光とのマッチングが大切だな~と実感しつつ、黄色や赤の色づきがより深くなっていました。

また、日光誠心園と同じで、赤いもみじの色づきが見事でした。

鬼怒川の川沿いだけでなく、山並みも色づきが進み、鬼怒川全体が紅葉している状況でした。

職員もテンションが上がったようで、何故か話題の『U.S.A』のダンスにチャレンジ♪

入所者様達の前で思いっきりはしゃいでいました。

 

天気はイマイチでも、紅葉と職員のテンションでかなり盛り上がった日光誠心園一行でした。
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270