ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】第20回納涼祭;異種混合の特養編の巻
2017-08-15

7月29日(土)、日光誠心園で行われた第20回納涼祭報告第三弾です。

 

今回は特養職員の異彩ぶりを紹介したいと思います。

特養職員はほとんどが浴衣や甚平姿で、特に女性職員の浴衣姿は艶やかで納涼祭の雰囲気を盛り上げていました。

入所者様も法被をまとって雰囲気を味わっていただき、模擬店の食べ物で食事も楽しんでいただきました。

 

そんな中、異彩を放つ職員が2人…。

某釣り漫画の主人公とセクシーなハワイアンに扮した職員が急きょ乱入してきて会場は騒然。

さらに2人がよさこいやマツケンサンバに乱入して会場は爆笑の渦に飲まれました。

普段は本当に真面目な2人なのですが、仮装すると人がかなり変わるようですね(笑)。

特養職員もよさこいソーランを披露したり、鬼怒川太朗様・下山けんじ様とコラボして踊ったりと、会場を盛り上げ続けました。

普段と違う職員に、皆様驚きつつも喜んでいただけたようです。

気の早い方は「また来年もよろしく~。」とおっしゃっておりました。

 

職員一同全力投球で行われた第20回納涼祭、以上で報告は終了です。

他にも日光和楽踊りや御囃子会の方々の素晴らしい演奏・歌声等様々な催しが1時間30分の間にぎゅっと詰め込まれた、内容の濃いお祭りでした。

来年の納涼祭に向けて、職員は既に動き出しております。

今年を超える感動を職員も楽しみながら皆様に届けることができるように、これからも頑張ります!

町田と大野北の応援職員の皆様、ボランティアの皆様、来賓の皆様、ご家族の皆様、その他関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。
 
【日光誠心園】第20回納涼祭;デイ職員奮闘編の巻
2017-08-15

7月29日(土)、日光誠心園で行われた第20回納涼祭報告第二弾です。

 

今回はデイ職員の奮闘ぶりを紹介したいと思います。

日光誠心園のデイサービス職員は無類の祭り好き♪

歌や踊りは練習に練習を重ね、持ちネタ多数で毎回行事を盛り上げる火付け役です。

今回の納涼祭でも持ちネタが炸裂しました!

 

まずは『マツケンサンバ』!

あの大ヒット曲をデイ職員は完全に習得してアレンジ♪

特に主任の腰さばきは本家をも凌駕するクオリティです!

1階でも2階でも大爆笑を引き起こしてくれました。

そして『よさこいソーラン』!

これはお祭りの定番になりつつある踊りですが、デイ職員は自分達のアレンジで他を圧倒です!

まるでダンスユニットのようなチームプレイは皆様から喝采を浴びていました。

最後はお神輿かついで「わっしょいわっしょい」♪

お神輿も毎年修復して使い込んできた年代物です。

デイサービスのフロアは1階でご家族様も大勢来られておりましたが、普段元気の良いデイ職員がよりパワフルに躍動していた姿に大変喜んで下さっていました。

納涼祭の報告はこの後もまだまだ続きます。

 
【日光誠心園】第20回納涼祭;歌謡ショー編の巻
2017-08-15

7月29日(土)、日光誠心園では第20回納涼祭が行われました。

 

今年は朝からあいにくの雨となってしまったので、屋内で1階と2階の2会場に分けて行いました。

1階はデイサービスの利用者様とご家族様、来賓、ボランティアの方々、2階は特養の入所者様とご家族様、ショートステイの利用者様の会場です。

せっかく外に準備したやぐらやテントは使われませんでしたが、屋内でも同じように盛り上げていくように職員一同頑張りました。

 

見せ場が沢山ありますので、分けて紹介していくことにします。

まずは先日のブログ【SL『大樹』見物;汽車ぽっぽ編の巻】でも紹介しました、鬼怒川太朗様の歌謡ショーです。

毎年お忙しい中駆けつけて下さり、今年も下山けんじ様を連れて参加して下さりました。

納涼祭では定番の『人生これから』等数々の歌をご披露下さりました。

『人生これから』の際には、皆様が鳴子を使って踊れや歌えの大盛り上がりです♪

鬼怒川太朗様は皆様が盛り上がる曲を力強く歌い上げて下さるので、拍手が鳴り止みません。

下山けんじ様も素晴らしい歌声を披露して下さりました。

1階で終わった後は2階へと休みなく動いて2回も歌謡ショーを行って下さりました。

歌の後には利用者様から感謝を込めて記念品の贈呈がありました。

 

お二人ともパワフルなショータイム、本当にありがとうございました。

納涼祭の報告はこの後も続きますよ~。
 
【大野北誠心園】8月の流しそうめん いきま〜す
2017-08-14
heart
昨年に続き 町田誠心園に負けじと 今回2回目の「流しそうめん」を行いました

14ユニット 利用者様全員の方を 1日で誘導するのは とてもとても・・・無理!!  だよね〜!!

その結果 8月3日 4日 両日 午前・午後の 二部構成で開催 を決定!
 
塩ビの竹 3レーンを用意して すだれの飾り付けを行い パブリックスペースは 流しそうめんの会場と早変わり
 
さあ! はじまり はじまり〜heart
 
スイカ帽子をかぶった スタップが 次々とそうめんを流しますyes
 
cheeky「おお〜 きたきた 流れてきた」
 
smiley「早く早く」 「おいしい」
 
普段 食の細い利用者様も この時ばかりは 手の動きが違います

流れてくるそうめんを 上手にすくって召し上がられました
 
そうめん だけではなく 日本そば 茶そば ラーメンなどなど・・・

お腹いっぱいで大満足! と思っていたら・・・

スイカ みかん 桃ゼリー バナナ 手作り水ようかんの デザートまで流れてきました

「これもおいしい もっと もっと」

利用者様の楽しい声が響き渡った2日間でした
 
体調を崩された方もなく 無事 終了しましたenlightened
 
 
行事を終えた S委員長は

非常に楽しんでくれて 普段食べない方も どんどん食べられて 良いストレス発散の場になった

大勢集まって ワイワイやることで 気持ちの落ち込みや不穏もなく

良い意味で利用者様の違う部分が 出てよかったと 話されました
 
委員長〜! 来年も是非〜! 頑張ってくださいね〜
 
 
最後に会場では1日5名 計10名の ボランティアの方 がお手伝いをしてくださいました

どうもありがとうございます

この場を借りて御礼申し上げます
 
 enlightened※8月17日のタウンニュース相模原中央版に掲載されます enlightened
 
【日光誠心園】休耕田の満開のヒマワリの巻
2017-08-13

8月13日(日)、日光誠心園では特養の1グループで満開のヒマワリを見に行ってきました。

 

当日の地元の新聞記事と事情通の職員の情報で、日光市の和泉地区で休耕田をヒマワリ畑にしている場所があり、今が見頃という話題が耳に入りました。

その為、少人数ではありますが早速午後出かけてみました。

 

現場に近づくと道路沿いの一区画が一面のヒマワリ畑になっており、駐車場もあって近くで観賞することができました。

あいにくの曇り空でしたが、満開のヒマワリが沢山の太陽のように輝いており、入所者様は喜んでいました。

日光市にこんな場所があるなんて…職員も驚きです。

新聞によると地区の活性化組織の方々が整備しており、見物客も多く、夏の風物詩として定着させるべく頑張っているそうです。

この日も次々と見物の方々がいらしていました。

そしてさらに嬉しいことに、ヒマワリは自由に切り取って持ち帰ることができるということです。

職員2名が連れて来られなかった皆様のためにと、汗まみれになりながらヒマワリを切り取って持ち帰ってきました。

持ち帰ったヒマワリはそれぞれのグループで飾らせていただき、行けなかった皆様にも楽しんでいただきました。

 

花は入所者様が最も楽しみ喜ぶものです。

今後も季節ごとに皆様の喜ぶ顔が見られるように頑張ります!
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270