ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】実感・体感型研修の巻
2018-10-21

10/21(日)午前、日光誠心園では職員向けの研修が行われました。

 

今回の研修は、毎年行われている市民公開講座に合わせて行われているものです。

講師は昨日の阿久根英昭先生による市民公開講座からお世話になっている神奈川県柔道整復師会の皆様です。

今回は特に下肢の重要性について、認識と実践が大きなテーマでした。

まずは体の重心やバランスについて足の計測を個人毎に行っていただき、「足の指先で地面をつかむ力」がいかに意識されていないかを認識しました。

その後は体幹を鍛えるための簡単なトレーニング方法やバランスの確認を行い、日常的に気をつけていくべき点を学びました。

また、タオルを使った肩こりや腰痛の確認・解消方法や腰痛のひどい職員へのマッサージなど、多岐にわたってご指導いただきました。

職員からも積極的に質問が出るなど、非常に活発でためになる90分になりました。

特に介護職員にとっては仕事と身体の問題、それぞれが良い方向に結び付くように試行錯誤しながら受講していました。

 

神奈川県柔道整復師会の皆様、非常に有意義な研修を行っていただき誠にありがとうございました。

この研修に関連する10/20(土)の市民公開講座の様子は下記リンクからご覧下さい。

http://www.sankokai.com/publics/index/70/r_id=425/c_id=312/detail=1/&anchor_link=page70_312_425#page70_312_425

 
【日光誠心園】市民公開講座
2018-10-21
社会福祉法人三光会(日光誠心園)は10月20日、公益社団法人神奈川県柔道整復師会の共催、日光市などの後援等ご協力もあり、介護予防市民公開講座を開催しました。
 
講師は前年に引き続き、NHKの「ためしてガッテン」でおなじみの「阿久根英昭先生」。
 
前回の講座と若干、内容を変更して講演いただきました。
 
内容はおなじみの「足下から健康を考える」というタイトルだったのですが、今回は「転倒予防」と「変形性膝(しつ)関節症」について、より掘り下げて学べました。
 
足裏測定も実施され、参加者の皆様はとても興味深かったようです(画像1枚目)。
 
最後には「阿久根マジック(画像2枚目)」も披露していただき、参加された方から「また先生が来るなら必ず来ます」と言っていただけました。
 
お忙しい合間に遠路遥々お越しいただいた、阿久根先生と神奈川県柔道整復師会も皆様、会場準備からご支援いただいた、日光市の皆様、ありがとうございました。
 
また、お越しいただいた参加者の皆様にも感謝します。
 
PS
今回はゲストとして、阿久根先生の日体大時代からの旧友(栃木県柔道連盟宮﨑理事)がお見えでした(画像3枚目)。
 
柔道つながりとのことで、年齢を重ねてより強くなる絆。
 
「阿久根マジック」と同様、私たちもマネをしてみたいものです。
 
【日光誠心園】なごやか外食の巻
2018-10-18

10/18(木)、日光誠心園では特養の1グループで外食に行ってきました。

 

日光誠心園ではたびたび数名のグループで外食に出かけることがあります。

今回は車で数分のココスに総勢9名でお邪魔しました。

ファミレスのメニューは多種多様ですので、皆様メニュー表としばらくにらめっこ。

やっと決めて注文すると、少し疲れた様子でした。

料理が届きだすと、それぞれのメニューに興味津々、思い思いの表情で眺めていました。

待ち時間は雑談で盛り上がっていましたが、いざ料理が届くと静かな食事の時間になりました。

美味しいものに集中していると、食べるという行為だけが静寂の中続いて行くんですね~。

また普段食べられないメニューが中心でしたので、物珍しさも加わって楽しく召し上がられていました。

量は通常と同じですので少し多いかな~と思いますが、外食の時は決まって皆様完食です。

しっかり召し上がって満足そうに食休みされていました。

また来たいという話が何度も出ておりましたので、職員も次の機会が作れるように試行錯誤していきたいと思います。

 

今日は秋晴れで車窓の景色や清々しい空気もすごく刺激になったようで、食欲を十分満たして秋らしさを満喫したひとときでした。

 
【町田誠心園】秋華賞
2018-10-14
 皆さんこんにちはっ!!MAZDAです。
 
 本日京都競馬場にてGI の秋華賞が行われました。もちろん、利用者様子のレースを待ちわびていまして、昨日の夜からソワソワしています。今朝、私が出勤してくると、開口一番、購入する馬券はこれに決めたといってメモを渡してきます。脇の下には、最近土日のみ購読するようになった日刊スポーツをはさんで・・・。“松井君はどれを買うの?”と聞かれるんですが、基本、私は競馬はやらないので軽く流します。だだ、今回の予想は、いつもと違うんですね。日刊スポーツの今回の見出しは、AI vs 松田記者(私じゃないです)と出ており、AIが予想していた、馬連の7通りをきれいに買うと・・・。理由を聞くと、今回1頭、出走取り消しになった為、予想がつかないからとのこと・・・。が、これがあとあとひびくんですが、了承して、山本事務長に連絡します。携帯アプリを使用して馬券の購入です。もちろんご家族への了解は得ておりますんで誤解しないで下さいね。
 
 購入した事を利用者様に伝えると、TVの前からはなれません。まだ始まらない旨伝えると、本人様分かってはいるんだが落ち着かないとの事。まあ気持ちは分からなくはないんですが、一旦お茶をお入れして落ち着いてもらいました。
 
 なんだかんだで、15時が過ぎいよいよレースの開始です。毎回そうなんですが、特に私が馬券を買った訳ではないんですが、利用者様より私の方が熱くなります。結果として3着の馬が、ゴール前で差してくれれば見事当たりだったんですが、残念ながら、今回もまた、おしい外れ。私が、あとあとひびくといったのは、新聞の予想通り買っていたんであれば、AIの予想でなく松田記者の予想通り買っていれば、当たっていたのにって事なんです。なぜ、利用者様、AIの予想の馬券を買ったのか・・・?理由は単純で、大きくって見やすかったから、ただそれだけなんです。もし逆だったら・・・!!
 
 たらればの話になってしまうんですが、最終的に利用者様、よほど悔しかったのか、居室に戻られふて寝してしまいました。金額的には、100円単位なんで少ないんですが、いくつになっても悔しい気持ちっていうのはかわらないもんなんですね。ただ、来週の菊花賞のCMが流れると、気持ちが切り替わったのか、新たな予想をするとはりきってましたね。ったく、またご家族にお伺いを立てる事になるんでしょうがしょうがないですね。次回は、競馬当たりましたのブログが書けるよう頑張って欲しいもんです。それではみなさんSEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【日光誠心園】体験型教室の巻
2018-10-11

10/10(水)午後、日光誠心園では特養で毎月恒例の茶道クラブが行われました。

 

特養の機能訓練士兼手練れの茶人を先生に迎えて行う茶道クラブ、回を重ねるごとに進化しようとしています。

今回の季節の花は【アメジストセージ】、紫色の美しい花で、花言葉は『家族愛』、そして脇には【あけび】と、先日のブログでも紹介した【柿】が添えられています。

なかなか外出できない入所者の皆様にとっては季節を体感できるひとときです。

先生のお話も時節や天候の話題などで皆様に少しずつ茶道の心の準備を促していきます。

菓子もトンボと夕日がモチーフのもので、詩情を醸し出していました。

先生のお点前が披露された後は、弟子の職員も次々と茶を点てて皆様へ振る舞っていきます。

数回重ねてきただけあって、段々と職員の中にも茶道の威風が吹き込んできたようですね。

先生のご指導が入る中、手際よくこなされていました。

その後は今回からの初チャレンジ、入所者の皆様にもお茶を点てていただく実践編です。

見よう見まねと先生のご指導で、皆様緊張しながらも楽しそうに体験されていました。

また、女性の方2名は以前に習っていたとのことで、さすがと言われるお点前を披露されていました。

 

ただ見る・食べるだけではなく、やってみる茶道へと、茶道クラブは職員を含めた皆様が進化するひとときへと昇華していく所存です。

<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270