ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】流しそうめんの巻(完結編)
2017-07-26
 
映画『ロッキー』のテーマソングが会場に鳴り響く中、いよいよ流しそうめんのスタート!!!
 
今年も天気の心配をしなくていい『屋内』で遠慮なく水を流します。前日のリハーサル&試食では、とある箇所から深刻な
水漏れが発生していたものの・・・DIY部長の斎藤さんのおかげで見事リカバリー♪♪
 
各ユニットごとに順番に会場にお越しいただいて流しそうめん&フルーツをたっぷりとご堪能いただきました。
 
せっかくなので、ここで笹に飾られた短冊をご紹介
 
『いつまでも元気ですごしたい』
『皆さんと仲良く暮らしていきたい』
『家族のみんなが健康でいられるように』
 
皆さんの願いを私たちスタッフ少しでもお手伝いできれば・・・。
 
ここでとんでも短冊もご紹介
 
『ベイスターズが優勝できますように』⇒こすもすユニットのとあるスタッフ(恩田)さん
『おなかが強くなりますように』⇒すずらんユニットのとあるスタッフ(大屋)さん
 
最後に今年の短冊大賞は
 
『僕の願い事はいいので、皆さんの願いが叶いますように』
 
という結果に・・・。
 
楽しい時間はアットいう間に過ぎてしまうもので流しそうめんも無事終了。
 
組み立て1日・・・・片付け1時間・・・・楽しい時間プライスレス
 
【町田誠心園】流しそうめんの巻(準備&スタート編)
2017-07-24
 
7月の一大イベントと言えば『流しそうめん』
 
今年もそのそうめんが流れる竹のGETからミッションがインポッシブルします。
 
舞台となるのは、地元小山田の山のなか・・・。
 
キャスト
①高倉さん(不器用なのに参加。よってケガの危険性が大)
②得さん(クマよけの鈴を常備。しかしながら小山田の山の中にクマはいない・・・はず)
③隊長さん(相模川の河川敷で燻製を燻すのが趣味。彼曰くチーズの燻製は絶品とのこと)
④くまさん(三度の飯と釣りが好き。少しクマさん(プー)っぽいかわいらしい男)
⑤施設長さん(こりずに参加。当日は朝から雨が降っていたのでテンション下がり気味)
⑥事務長さん(参加の予定が車に乗り遅れる『わざとかも・・・』痛恨のミス。よってノーコメントで)
 
⑥の事務長さんを除く4名の屈強な男たちと、ドン引きするくらいテンションの上がらない施設長
さんが頼りのないのこぎり2本をたずさえ、小山田の山の中へ・・・まあ慣れたもんで特段問題なく
今年も竹をGET。
 
ハプニング的なことと言えば
②の得さんが濡れた斜面をウォータースライダーのように約3メートル滑落。
(滑落したことが本人的には『ツボ』に入ったみたいで、特徴的な引き笑いが山中にこだまする)
⑤の施設長さんが同じ斜面を同じように同じだけ滑落する。
(テンショさらにダウン。口を利かない状態に)
てなくらいで・・・。
 
さてさて、組み立てましょ♪
 
【町田誠心園】日帰り旅行の巻(完結編&おまけ)
2017-07-19
いよいよ出発となった朝。
 
今年も、特製『記念撮影コーナー(観光地によくあるバージョン)』での写真撮影のあとに、バスに乗り込んで出発!!
 
町田市の方にはおなじみの町田街道から東名高速⇒首都高とバスは進み、環状線からは左手に【東京タワー】が
目に飛び込んできます。「何年か前にも行ったね」なんて会話も弾みあっという間に目的地の<国立科学博物館>
に到着。まずは、腹ごしらえということで館内にあるムーセイオンさんでこだわりのランチを・・・。
 
ここで、ランチのメニューをご紹介
〇恐竜のあしがたハンバーグ&エビフライ
〇ライス
〇デザート
〇食後のコーヒー
 
かなりのボリューミーでお腹もいっぱいになったところで・・・
 
ここで前回の続きを
 
大野相談員さんが禁断の「上野動物園」というキーワードをお食事中にだしたとたん、急に施設長の目つきが鋭く
なります。
 
施設長「大野さん。レストラン(ムーセイオンさん)の入り口向かって右手にあるエレベーターから1階に移動。地球館
の出入り口を右に曲がって約50メートルで日本館に入る。左手に進み総合案内所の先を抜けた唯一の出口を通過。
出口を出て左に曲がり、一本目の角を右手に曲がってトータル約10分。つい最近、あかちゃんパンダ誕生のニュース
で賑わったという上野動物園さんにまさか行く気じゃないよね。」
 
大野さん「やけに詳しいじゃないですか?(行く気まんまんじゃん)」
 
施設長「いやっ。それがさ。行こうと思ったけど、来る途中にバスの中でご利用者さんにこっそり聞いたら行かないって
言われたから行かないよ。それにこれを見てよ。なんとこの広い国立科学博物館の中の膨大な展示物をまるで博物館
のスタッフのように説明できる音声ガイドを総合案内所で310円(税込)で借りてきたもん」     
 
てなことで、今年は施設長のきままな自由旅コースはなしの方向で・・・
 
さて、その後は国立科学博物館をグループに分かれて見学。施設長自慢の音声ガイドはというと、機械の操作に時間
をとられ、戸惑っている(案内できない)うちにご利用者さんが次の展示物に移動してしまい見事不発。まあ、そこそこ
他の(一般の)方には物知り感をアピールできたみたいで満足だったそうです。
 
そんなこんなで、今年も無事に日帰り旅行に出かけることが出来ました。ご利用者の皆様からも「来年も参加するよ」と
ご感想をいただいて私たちもうれしかったです。一緒にご参加をいただいたご家族の皆様にも改めて御礼を申し上げ
ます。
 
『突然ですが引退宣言』
 
「実は今まで、町田誠心園のブログは私(施設長の金子が一代目ブログマン)が気ままに書いてきました。しかしながら、
最近では、『基本自分のことしか書けない&書いていない』というジレンマを感じていまして。そこで、今回突然ですがこの
ブログで私はペンを置きまして、新たな二代目ブログマン(担当)が次回からのブログを担当する予定です。今まで皆様
ご愛読をいただき本当にありがとうございました。」
 
【大野北誠心園】ボランティア
2017-07-16
大野北誠心園 では

職員によるレクリエーションのほか

地域のボランティアの皆様の協力で 様々なレクリエーションも開催しています

その中から 今回 いくつか ご紹介させて いただきます
 
大正琴&似顔絵

ユニットにおじゃまして

童謡や唱歌、そして利用者様の青春時代の流行歌を演奏 思わず口ずさむ方も・・・・

後ろの方では さらさらと 演奏を聞いている間に 色紙に水彩絵具を使用して似顔絵を描いてくださいます

似てる? そっくり〜! この人 だ〜れだ?
 
男声合唱団

テノール・バリトン・バスの3部合唱や、テノールとバリトン・バスをさらに3パートずつに分けた6部合唱も・・・聴きにいったはずなのに

何故か歌詞カードを手に 一緒にコーラスに参加してました 大きな声で歌いましょう
 
ハンドマッサージ
 
利用者様の指先一つ一つに想いをこめて 「わぁ 気持ちいい マッサージ」

きれいな指先に 思わずにっこり
 
いつも いつもありがとうございます

大野北誠心園 職員一同感謝いたします この場を借りて御礼申し上げます
 
【大野北誠心園】マニュライフ生命インタビュー
2017-07-09
マニュライフ生命による『長寿の国日本で聞いた長生きの秘訣インタビュー』
に、大野北誠心園のご入居者様3名が出演されました。
 
インタビューの模様をリンク集に追加しましたので、ぜひご覧ください!!             
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270