ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】初任者講習を終えて
2018-04-01
 皆様こんにちは!! M☆Yです!! 本日めでたく?初任者講習の修了式を迎える事が出来ました。が、式に至るまでの過程として色々なことがございましたので、皆様に報告させて下さい。
 
 1週間前に修了試験を行ったんですが、結果の方が、なぜか私には連絡が来ません。周りの職員に確認すると、電話連絡にて合否判定はもらったとの事。なのになぜか私には来ない。なぜだっ?事務所に確認しに行きます。山本事務長から開口一番に言われた事。 “可哀想過ぎて私の口からは言えない” “はっ!!てことは桜散るの方向?って言ってんじゃないですか!!ダメだったって”再度確認します。“通知が来てるんですか?” “来てないよ” ”はっ?どういう事ですか?”そこに金子施設長がかぶせてきます。”毎回そうなんだけど、落ちた人には通知が来ないみたいなんだはっ” ”何なんですかそのシステム”冗談で言っているのか本気なのか全く分かりません。とりあえず、事務所をあとにします。エレベーターの中で考えます。もしかして着信があるかもっ?普段私は着信履歴を見ないですし、知らない番号は絶対に出ません。着信履歴を見てみます。有りました知らない番号が。そこに電話してみます。はいっビンゴ!!サンシャイン総合学園の事務局にかかりました。合否の確認をします。皆様残念ながら、合格してました。まずは一安心です。ちなみに電話があったのは2日前でした…。
 金子施設長・山本事務長に結果を報告します。が、2人から最初に言われたのは、祝辞ではなく、修了式で何かやってくれるんでしょ!!なぜ修了式で一発かまさなければならない…?山本事務長から学ランを着て出席しろと…。出来るわけないじゃないですか。間髪入れず金子施設長から、これが私の私服ですって言えば大丈夫っ、居ないですからそんな奇特な人。
 
 そんなこんなで当日を迎えます。なぜか私はその日出勤してます(単に勤務の割り振り時、私の予定は忘れ去られていた)開始30分前に私の目の前に学ランが。ご丁寧に胸には、造花が…。ハルさんから一言。今日は卒業式なんだからこの格好で行って!! ”はっ!!いやだ~!!” 卒業おめでとう~!! ハルさんと利用者様から熱い拍手が。修了式なんだが。そんなやりとりもあり時間がさしせまってしまいしぶしぶ、学ランを着て会場へ(1Fのパブリックですけど)
 会場へ着くと一緒に受講していた方達に爆笑で迎えられました。それで言われましたよ。自分でもうすうす気が付いてはいましたが、”ヤンキーが来たって”事務局の方も来られていたんですが、初対面です。講師の方が来てくれていれば笑ってくれたんでしょうが、もの凄く苦笑いをされました。まさに地獄絵図です。
 
 修了証書が渡される時、山本事務長が走ってきます。町田誠心園の職員の晴れ姿?を見に来られたのかと思っていましたら、バックミュージックをかけ始めました。私の時には、バッチリ尾崎豊の”卒業”をかけてくれましたよ(笑)
 式が終わりみんなで記念撮影です。証書を持って”パシャ”見方によっては定時制高校の卒業式みたいでしたねっ。
 その後は会場のお片付です。なぜ卒業生が片付け?在校生が普通しますよねって居る訳ないかっ。
 
 去年の12月からこの初任者講習が始まりました。4ヶ月間色々な事を学べたと思います。この講習を受けて真摯に思う事。やはり利用者様に対しての思いやりがなかったら、資格を取っても意味がない。私自身次のステップに進むタイミングというのはまだ決めかねていますが、今後、この仕事を続けていく上で絶対に陥らない事。それは自己満足にならず常に利用者様が今幸せを感じているかという事を常に念頭に置く事。これだけは守っていきたいと思っています。
 
 今回この様な機会を与えて下さった、松田理事長・金子施設長・山本事務長には大変感謝致しております。また、一緒に受講した11名の皆さん(最初は12名だったような…?)お疲れ様でした。
 
 サンシャイン総合学園の講師の方々も親身になって教えて頂き、本当にありがとうございました。今後はこの教えて頂いた知識と実技を軸にかんばって行きたいと思っております。
 
 追記としまして金子施設長へ一言。謝恩会はやりません!!(笑)
 
 4月は春フェスの準備等があり大変忙しくなりそうです。それでは皆様SEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【町田誠心園】なまりと方言
2018-03-26
 寒い季節も終わり、東京も桜が満開というニュースが流れましたね。町田誠心園でも大掛かりなお花見ツアーが企画されているようですが、その日まで桜が咲いているといいですね。去年利用者様と一緒に撮ったお花見の写真を見ると、一年の経過って早いなってつくづく感じます。
 お久しぶりです。M☆Yです。皆さん覚えていてくれていますでしょうか?今月も中々忙しくてブログまで手が回りませんでした。気にはしていたんですけど…。
 
 町田誠心園って東京都町田市にあるんですよね。そんなの当たり前なんですけど。何を今更と思われる方もいらっしゃられると思うのですが、結構入居されてる利用者様って、私同様地方出身の方が多いんですよ。利用者様と話していると、その出身のしゃべり方をされます。実は、地方出身の私としては、その方言というか訛りを聞くともの凄く落ち着くというか心地いいんですね。逆に、利用者様からも同じような事を言われたりもします。私も上京したての頃は、標準語に近づけようと努力をしていました。ですが、やはり要所要所で出ちゃいまして、結構しゃべり方の物真似とかをされたりして、正直うんざりしていたんですね(イントネーションが違うしクオリティーが低すぎて…。)今でも嫌ですけど…。
 
 ですが、町田誠心園で仕事をしていく内にだんだん、なまりとか方言が好きになりました。よくわざとなまったりする人がやりがちなのが、すべて東北なまりみたいにしゃべる。実はそれって違ってまして、全然違うんです(茨城の人、そんなに、だっぺ・だっぺ言いません、上級者はだっぺよっと言う)本当のなまりって聞いてて温かいものなんですよっ。だから、ここの利用者様の色々な方言とかなまりがもの凄く好きです。私みたいな地方出身者って、結構、なまりとか聞くと地元に帰ったって気になるんですよ。
 
 私は、ここの利用者様のおかげで、茨城がもの凄く好きになりました。ただ、帰ると、そうは思わないんですけど…!!
 
 それでは皆様SEE YOU NEXT AGAINだっぺよっ!!
 
【日光誠心園】NIKKO防災フェスタ2018
2018-03-26
平成29年3月25日、イオン今市店において、NIKKO防災フェスタ2018が開催されました。
 
最近の災害というところでは、平成27年9月関東・東北豪雨
 
日光では、鬼怒川温泉の露天風呂が崩落するなど、大きな話題になりましたね。
 
今市北地域包括支援センターの管轄でも、水害を中心にご苦労をされた方も多いのでは…。
 
私の趣味のひとつは「ダム放流鑑賞(お馬鹿)」ですが、「当時、行っていたら?!」と思うとぞっとします
 
NIKKO防災フェスタは、災害に対する平常時の備えと地域防災の大切さ、災害ボランティアの必要性とそのスキルを市民全体に広めることで、防災意識の高揚と地域防災力の向上に資することが目的らしいです。
http://www.shakyo-nikko.or.jp/publics/index/134/
 
そんな高尚な考えに至らぬ私のお目当ては、ハシゴ車搭乗体験。
 
私ひとりでは、不審者coolっぽい(笑)ので、子連れで参加してきました!
 
ハシゴ車からの眺めは圧巻で、子どもも楽しめた様子
 
写真1枚目は、今市北地域包括支援センターの管轄である「豊田地区」です。
 
写真2枚目は雪の残る日光連山
 
ハシゴ車からの景色を堪能できました。
 
最後に消防の方が、記念撮影をしてくれて、思い出に残る一日となりました。
 
その他、非常食体験コーナー・防災グッズ展示・お子様向け縁日広場・音楽ライブ(今市少年少女合唱団)・消防車展示・救命救急講習などもあり、来場者を楽しませていました
 
消防の方が持つやさしさ・力強さに触れ、先日の消防訓練に参加したこともありますが、地域包括支援センターの職員として、防災に関する意識を持たなくてはならないと感じさせられました。
 
PS 日光にも桜前線が近づいているようです。
http://www.nikko-kankou.org/tokushu/spring2015/event/
 
桜と観光の旅におでかけになってはいかがですか?
 
【日光誠心園】消防訓練の巻
2018-03-16
3月16日(金)、日光誠心園では夜間想定の消防訓練が行われました。
 
毎年定期的に行われている消防訓練ですが、内容は大きく分けて避難誘導と消化器使用方法の確認になります。
避難誘導に関しては、今回は夜間に火災が起きたという想定で、最少人数の職員で対応しなければならない状況を想定して行われました。
出火場所の確認から初期消火、避難誘導と多岐にわたる作業を一人一人がしっかりこなさなければならない大変さを改めて感じました。
また、消火訓練では水消火器を使っての模擬消火でしたが、ちょっとしたコツや声掛けの重要性を学びました。
消防署員の方からは、全体に関する講評や乾燥するこの時期の火災に関する注意事項等ご指導いただきました。
万が一の状況に備えて、日々精進していかなければならないという想いを強くする絶好の機会となりました。
 
日光市消防本部今市消防署の皆様、お忙しい中ご協力・ご指導いただきありがとうございました。
 
【日光誠心園】今市北包括の活動
2018-03-13
読者の皆様、こんにちは!
 
さむ~い日光にも、花のつぼみが散見されるようになりました。
 
春はすぐそばまで来ているのでしょう。
 
今市北地域包括支援センターは、地域の総合相談窓口としてだけではなく、イロイロな業務を行っています。
 
まずは認知症サポーター養成講座。
 
管轄に住む地域の皆様はもちろん、施設や消防署などへも出向き、認知症に関する講話を行っています。
 
今市北地域包括支援センターでは、今まであったものをイジって、オリジナルの冊子を作成してお配りして、認知症に対する理解を深めていきます。
 
受講された方には、「オレンジリング」を配布し、晴れて認知症サポーターになっていただきます。
 
3月15日には、某特養での開催も予定されています。
 
次に地域の介護予防教室やサロン事業。
 
主に公民館や集会所で、看護師による健康体操や講話、簡単なレクリエーションを行います。
 
冒頭で単純なゲームを行うことが多いのですが、皆様けっこう「ムキ」になって盛り上がってくれます。wink
 
ナカナカ好評な様子で、ありがたいことにどこへ行っても歓迎ムードです。
 
そのほか、日光市には、「日光ちょきんあっぷ体操」というものがあり、自治体やオアシス支援事業所などで、活動しています。
 
そのデモとしても、今市北地域包括支援センターは出かけています。
 
社会福祉法人三光会は「いちごハートねっと事業heart」に参加しています。
 
今市北地域包括支援センターはその窓口の一つとして、地域でお困りの方々への相談・助言等を積極的に行っていく予定です。
 
http://www.wam.go.jp/content/wamnet/sppub/jidou/fukushiiryounews/20170322_173000.html
 
今市北地域包括支援センターの業務の一部をご紹介しました。
 
「包括って何?」という方、「何の仕事をしているの?」って方にも、少しずつご理解いただければありがたいです。
 
PS
日光も暖かくなってきましたが、観光の方、油断は禁物
 
何年か前のように、桜の花と雪がコラボすることがあります。
 
山間部へのお出かけには、スタッドレスタイヤの装着をオススメしますよ!
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270