ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】たびのしまいに
2018-11-05
 

10月9日(火)午後4時・・・ほぼ予定時刻

今年の一泊旅行参加者全員無事!!に町田誠心園に到着・・・

 

【メモリーズ】

帰りの車中では過去の旅行の話が自然と出てきます。

1年目⇒熱海

2年目⇒箱根

3年目⇒河口湖

4年目⇒箱根

5年目⇒石和

6年目⇒台風のため中止(涙)

7年目⇒川越&秩父

8年目⇒千葉

と毎年スタッフが趣向を凝らして企画&実施してまいりました。それでも、最近ではご参加をいただける

ご利用者の方も少なくなってきてしまいました。『そうだよね・・・・自分たちもそれだけ年齢を重ねている

わけだしネ』とすこし感慨深くもなってしまいます。

 

ちなみに、今回は過去の一泊旅行の様子をスライドショーにてONAIRしてます。

 

【くふぅ】

それでも少しでも多くの方にご参加をいただけるように、町田誠心園の一泊旅行も少しずつ変化してきま

ました。最近では、あまり観光を詰め込まないようにしたり&乗り降りの負担がすこしでも少ない自動車

での移動などもそのひとつです。

 

【ツカレタ】

いまでも信じられないような行程が確か4年目の箱根旅行。

1日目:町田誠心園⇒鎌倉観光⇒小田原(昼食)⇒箱根観光⇒ホテル

2日目:ホテル⇒寄木細工体験⇒芦ノ湖(昼食)⇒遊覧船⇒ロープウェイ⇒大涌谷⇒御殿場(ティータイム)

    ⇒町田誠心園

 

さすがにこの行程は私たちスタッフも体力的にキツかった思い出があります。

 

【来年は何処へ】

過去の話だけでなく、『来年はどこがいいかネ』なんて話も帰りの車中では出てきます。

最近世界遺産に登録された群馬県の某スポット。はたまた三光会の本部があって某温泉や某○○宮ある日光、

ここは原点に戻って熱海や箱根も悪くないとスタッフ同士で話をしていると自然と笑顔が溢れます。

 

【たびのしまいに】

毎年企画をしている町田誠心園の一泊旅行。ご利用者の皆さんに喜んでもらいたい!!ただこれだけなんですが、

終わってみると結局は私たちスタッフも笑顔をたくさんいただいています♪

最後に、ご協力をいただきましたご家族の皆様&お世話になった千葉県の皆さんに感謝を込めて!!!

 

《ほんとうにありがとうございました》

 

PS、今年も到着の際に一生懸命お出迎えをしていただいたスタッフの皆さんの様子の写真がありません。

  だって、無事に着いたことで安心しちゃうから・・・

 
【日光誠心園】鬼怒川の間接観光の巻
2018-11-04

11/2(金)午前、日光誠心園では特養の1グループで再度紅葉を見に行ってきました。

 

今回も前回同様【鬼怒楯岩大吊橋】に行ってきました。

今週は朝夕冷え込みましたので、前回10/29(月)に訪れた時よりも色づきが進んでいました。

前回ほどではありませんでしたが快晴で、観光客もより増えている印象でした。

橋の中央で鬼怒川を眺めていると、【鬼怒川ライン下り】が見えました。

三艘の船が沢山の観光客を乗せて流れを進んでおり、橋の上から手を振ると手を振り返して下さりました。

鬼怒川の有名な観光資源であるライン下り、この時期は紅葉も見られるのでお得な楽しみ方ですね。

また、今回は橋を渡りきって対岸からも紅葉を楽しみました。

ここには【楯鬼】の像があり、鬼怒川の山々の紅葉をバックに記念写真を撮りました。

対岸では松田理事長にごちそうしていただいた肉まん等を皆様で美味しくいただきました。

吊橋は紅葉と合わせて写真映えするスポットですので、沢山記念写真を撮って楽しみました。

帰りには前回と同じく鬼怒川温泉街を1周しましたが、途中鬼怒川温泉駅を通りかかると【SL大樹】の姿がありました。

これから下今市駅に向けて発車の準備をしているようで、煙を吐く姿を車窓から楽しむことができました。

車窓から鬼怒川温泉の紅葉を楽しんで、今回も秋晴れの紅葉を十分に楽しむことができました。

 

【鬼怒川ライン下り】【SL大樹】と、たまたまではありますが鬼怒川の観光資源を間接的に「見て」楽しむこともでき、お得な紅葉ツアーとなりました。

次回は実際に皆様で体感してみたいですね。

前回の様子は下記リンクからご覧下さい。

http://www.sankokai.com/publics/index/70/r_id=440/c_id=312/detail=1/&anchor_link=page70_312_440#page70_312_440

 
【町田誠心園】マザー、マザー
2018-11-03

実は千葉への旅行ということで私HKが個人的に一番行きたかった所ランキングで見事1位に輝いた『マザー牧場』

さん。事前の目的地会議でスタッフの皆さんにマザー牧場の魅力を伝えようと催眠をかけるように「マザー、マザー」

と唱えていたのですが、行くまでの道のりが結構な山道&時間的にも厳しい・・・とのことで残念ながら採用には至らず

という経緯があったのですが・・・

 

【誘ぎのみこと】

定刻通りに神野寺さんを出発!!次の目的地&昼食のポイントとなる金谷方面へと向かう《とある交差点》での出来事♪

右に行く(右折する)とさっき来た道を戻るルート。しかしながら先頭を行く1号車の施設長号のナビはなぜか直進

方向へと誘い(いざない)ます。まあ、せっかくお誘いを受けているのと、来た道をそのまま戻るのは面白みに欠け

るということで、興味本位でナビの指示通りに直進します。

 

【マザー⇒ピッグ⇒モンキー】

すると・・・なんということでしょう。しばらく進むと前方いっぱいに私HKが夢にまでみていたエンターテイメント

ファームのマザー牧場さんが一面に広がっているではありませんか。こぶたのレースも開催中のようで、沢山の人が

集まっている横をヤルセナイ気持ちで静かに通り過ぎていきます。

『こんなに近くにあるなら行けたじゃん』と私HK、ナビゲーターの得田社長(スタッフ)にグチグチ&ネチネチと

言っていたら『さるです』と得田社長がポロリ。どうやら道端におさるさんがいたらしいのですがほんとにいたのか?

グチグチうるさいからごまかしたのか?得田さん一人しか見ていないので信じるか信じないかは・・・

 

Pizza Gonzo

最終の目的地&旅の最後の目的『ジャンクなものを楽しむ』べく、昨日上陸した金谷港近くにあるPizza Gonzoさんへ

と到着。お店を貸し切りにしていただき、マスター自慢の石窯で焼き上げられたアツアツPizzaがテーブルへと運ばれ

てきます。Pizzaに合うドリンクと言えばこれで間違いないでしょということで、シュワシュワドリンクとたこさんや

しらすさんなどのご当地ものから・・・マルゲリータなるPizzaの王様(King)までご賞味をいただきました。

最後にマスターと記念撮影をさせていただいていよいよ帰りのフェリーに乗船すべく金谷港へと向かいます。

 

つづく

 
これが三光会です!!
2018-10-31
三光会では日帰り旅行やら一泊旅行やら様々な企画を行っています。
 
目的地にとうちゃーーーーーく!!
 
どんなふうに実施しているの?
参加者はどのくらいいるの?
参加費用はいくらくらい?
 
 
お答えします!
 
 
◆まずは大まかな日程を決めます 3~5か月前(一泊旅行、日帰り旅行によっても違いますが・・・)
         ⇩
◆担当する職員が下見にいきます!! ※数回行くことも・・・時にはお休みを利用して・・・
         ⇩
◆参加していただけるご利用者様を各部署にて確認(日帰り旅行だとご入所されている方の半数くらいの人数ですかね??)
         ⇩
◆日程決定!!!
                    ⇩
◆ご家族へのお知らせ(ご家族への参加の呼びかけ)
                              ⇩
◆観光バスorレンタカーの手配
                              ⇩
                              ⇩ しおりの作成、歌集の作成、車内の席決め、部屋割り、職員への説明会、
                              ⇩  写真撮影用パネルの作成 等々・・・
         ⇩
◆いざ出発!!!!
         ⇩
         ⇩ 歌を歌う、クイズ大会、面白トークetc...
         ⇩
                    ⇩
◆とうちゃーーーーく
                  ⇩ 
                  ⇩ 楽しんでいただく・・・とにかく楽しんでいただく・・・(ご利用者の皆様、ご家族の皆様!!)
                  ⇩ 食べる!!おいしいものを食べる!!
         ⇩お土産を買う!!
         ⇩ 
~~皆様がおいしいものを食べ、旅行を楽しんでいるその頃~~
 
                           ⇩
                           ⇩ ホームではお留守番チームによる「サプライズお出迎え」の様々な仕込みを:(;゙゚''ω゚''):
                           ⇩(「お出迎え楽しみにしているよ」(`・ω・´)キラキラ✨✨・・・施設長による無茶ぶりが・・)
                           ⇩
◆帰路へ 
         ⇩
         ⇩
         ⇩ 「あと少しでホームに着きます」(旅行担当者よりホームに連絡)
                  ⇩ 「えっ!?!?!早くない????もうちょっと早く教えてよ――( ;∀;)」(お留守番チーム代表)
                  ⇩    お出迎え隊によるスタンバイ(ドタバタ・・・)
                  ⇩               
          ⇩
◆ホームに到着!!!
                  ⇩
         ⇩
         ⇩
     皆様をお部屋へ誘導・・・
       ⇩       ⇩
  職員による反省会     ⇩
               ⇩
                              ご参加いただいた皆様は・・・お食事を召し上がって夢の中へ・・・( ˘ω˘)スヤスヤ
 
 
ところで参加費用はどうなっているのかというと・・・
 
基本は参加される皆様に対してマンツーマンで介護者が付き添います。
施設長、看護師、相談員も帯同します。時には理事長も・・・
それを考えるとスタッフ数の方が多いです。。。。
 
例えば・・・Total 100万円かかったとします。
三光会各施設における皆様の参加費の算出方法はというと・・・
この総額を参加したご入居者数(20名)だけでなく、付き添いスタッフ数(30名)も加えて割ります。
そうすると・・・1人あたり20,000円
 
スタッフにかかる費用はというと・・・・施設が負担します!!・・・・これが三光会です!!
 
三光会では、せっかく誠心園に入居していただいたのだから、家にいた時には出来なかったようなことが逆に出来るようになったと実感していただくことを目指しています。
旅行にはご家族の参加もあります。
参加されたご家族は、皆さん仰います。「まさか施設に入居して親子で旅行ができるなんて思ってもいませんでした。」
三光会の思いが伝わって私たちの力になる瞬間です。。。
 
【町田誠心園】おはぎ増量中
2018-10-30

迎えたあくる朝(2日目)、皆さんぐっすりとお休みいただけたようで、バイキングの朝食もたっぷりと

いただきました。沖津Ns(ナース)も良質なたんぱく質を摂取したいとのことで、坂東英二さん張りに

ゆで卵を3ついただき体つくりに余念がないところを皆さんにアピールしいよいよ2日目のスタートです。

 

さて、今回の千葉方面への一泊旅行。大きくわけると2つのルートが存在します。一つは昨日(1日目)

に私たちが乗船した東京湾フェリーでの移動。そしてもう一つはアクアラインを通るルートです。当初は

アクアラインを使って帰る予定だったのですが、2日目の行程を考えると帰りもフェリーにしようという

ことで、昨日通ったルートを戻る感じで2日目の最初の目的地【神野寺】さんへと向かいます。

 

【神野寺】

下見の時にも通ったルートで安心・安全に皆様に景色も堪能いただきながらホテルから約40分程度で神野寺

さんに到着。この神野寺さんは私H☆Kも教科書でしか見たことのないあの聖徳太子さんが建立したそうで、

日本では4番目に古く関東地方では最古の名刹(古寺)なんです。さらに、ちょうどこの日(10月9日)

は、年に一度の奥の院ご本尊飯縄大権現(烏天狗様)のご開扉&日本一の「ジャンボおはぎ」の奉納がある

そうで、ご参詣者にはおはぎのお下がりがあります。神社を参拝した後に、すこし階段を上りますが奥の院

のご開帳もせっかくだからと見ていただくことができました。

 

【おはぎ増量中】

さて、その奥の院の横に設置をされたテントでは関係者の皆さんがおはぎを配っています。ご利用者さん

付き添っていた得田社長(スタッフ)は『あんたはお孫さんか?』とその関係者のおひとりに話しかけられ、

間髪入れず(違うんですと言う間もなく)『いやぁ実に良い光景だな。感動した』とおはぎのパックを増量

いただいたそうな。スミマセン・・・・正確には孫ではないんですけど、そのように感じていただけたことは私

たちスタッフとしては一番うれしいことなのです。ヨカッタヨカッタ。

 

【ちょっぴりうれしいできごと】

日目の【ばんや】さんでも、男性に突然話しかけられました。『みんな優しいネ。びっくりしたよ』と。

せっかくなのでと町田誠心園のPRをさせていただきました。

 

つづく

<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270