ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【町田誠心園】ピカピカドリンク
2018-08-28

MYさんがMAZDAと改名をしたそうな。私HKはしばらくそのままということで・・・

さて、今年も近隣にある小山田桜台団地の「団地祭」に出店をさせていただきました。

今年ももちろんインスタ映えする「光るドリンク(別名:ピカピカドリンク)」を販売することに・・・。

 

早速今年もアメリカの某ドラマ24風に

 

シーズン1―早めの出勤―(AM8:009:00

お祭りの準備があるので、今年も気持ち早めに出勤。町田誠心園の事務所内ではすでに米永管理栄養士

さんと山本事務長が「ピカピカドリンク」の容器に美味しそうなジュースを充填しています。入れるの

が少し大変そうで制服&床がすでにビチャビチャに。私HKはというと、今年も日経新聞とモーニング

コーヒーを優雅に堪能します。

「ピカピカドリンク」の残り300個。

 

シーズン2-出発―(AM9:00

ジュースの準備が整ったところで今年も資材を車に積み込みます。昨年と少し違うのがドリンクの容器

が変わったのと販売数が250個から300個に。昨年の完売の実績をもとに強気の販売個数に数量アップ。

 

シーズン3-設営完了―(AM10:00

昨年は初めての参加となっていたので、少し遠慮がちだったのですが今年は2回目ということで、周囲

の皆さんに元気なご挨拶をしながら設営完了。

 

シーズン4―ノンスナイパーズボックスー(AM11:00

周りが明るいために、ドリンク容器のピカピカ具合がお客様に伝わらないということで、段ボールの中

に電球ソーダを入れて(暗さを演出して)覗き穴をつくり、中を見てもらうというあの伝説のスナイパー

デューク東郷ばりの「スナイパースタイル」での販売を行った昨年。

今年は昨年と同様に夕方からのディープインパクト譲りの爆発的な末脚を信じてノンスナイパースタイル

で個数だけでなく販売も強気で。

「ピカピカドリンク」の残り293個。

 

シーズン5―ピクニックー(AM12:00

お隣のお店からジュウジュウとおいしそうなお肉の焼けるにおいが漂ってきます。お話をお伺いすると賄い

メシということでお裾分けならず。しかしながら昨年と違うのが三和さんの近さ。我々もということで三和

さんにお買い物に出かけ大量のお惣菜をGET。そして町田誠心園ではおなじみの「お肉のチャリー」さんで

美味しそうな揚げ物もGETしてみんなでいただきます。

「ピカピカドリンク」の残り290個。

 

シーズン6-ジョイフルー(PM13:0016:00

猛暑の中、頑張っている桜美林大学の学生さんのエイサーを鑑賞。盆踊りも始まり、せっかくなのでと舞台

上がらせていただき楽しいひと時を過ごします。

これから始まるであろう長蛇の列に備えて気分をリフレッシュします。そして町田誠心園からも新たに助っ人

さんたちも来てくれて徐々に販売個数も増えてきます。

「ピカピカドリンク」の残り266個

 

シーズン7-疲労―(PM16:00PM17:00

盆踊りで5曲ほど踊らせていただいたせいか・・・それとも日焼けをしようとカンカン照りの中に椅子をおいて

いたせいか、私HKと朝から一緒にいてくれたOH屋さんの体力が急激に消耗します。

午後から来てくれた助っ人の売り子さんたちが頑張ってくれているので、ここは甘えて(脚を使わずに)後方

待機。暗くなってからの末脚を発揮するために残り僅かな体力を温存。

「ピカピカドリンク」の残り202個。

 

シーズン8-心理戦―(PM17:0019:00

さて、狙い通り暗くなってから徐々に行列が出来てきます。ここであえての作戦。「少しゆっくり目に提供を

することで徐々に行列を延ばしていく」⇒結果「会場に来られた人たちの注目を集める」という心理戦に移行

します。ここでさらに体力の温存を図ります。しかしながら、ここまで私H☆Kと朝から一緒に頑張ってくれて

いたスタッフのOH屋さんがまさかの失速。テントの外で接客をするも、面白トークもなしで淡々と時間だけが

過ぎていきます。

「ピカピカドリンク」の残り127個。

 

シーズン9-ノーゴールー(PM20:00

一度悪い流れに持ち込まれてしまったOH屋さんも持ち直すことができず、まさかのタイムアップ。昨年に続い

ての完売とはならず、まさかの売れ残りで在庫を抱えることに・・・。

 

ここでOH屋さんにインタビュー

「午前中はとにかく楽しかったんです。来てよかったなと。ただ、午後から疲れが出てきてしまい残念な結果と

なりました。とにかく今は早くおうちに帰りたいです」とのこと。

「ピカピカドリンク」の残り58個。

 

シーズン10-エピローグー(PM21:00

「ピカピカドリンク」とはなんぞやと思いの方も多いと思いますが、昨年と同様にプラスチック容器にドリンク

をいれまして、底に仕込まれたスイッチを押すとピカピカと容器が光るというもの。原宿あたりだと600円程度

するらしいです。ちなみに、今年も町田誠心園のピカピカドリンクは原価ギリギリの400円でご提供させていた

だきました。

さて、そんなこんなで今年も楽しく地域の「団地祭」に参加をさせていただきました。今後も、様々な形で地域

への参加をさせていただければと思います!!ご協力をいただきました皆さん!!!「本当にありがとうございました」                   

                                                END

 
【日光誠心園】デイの手作りおやつの巻
2018-08-27

8/27(月)午後、日光誠心園ではデイサービスで手作りおやつを行いました。

 

デイサービスでは毎月のように手作りおやつを行っております。

普段のおやつでは出てこないようなスペシャルメニューをデイの職員がその場で作ってふるまう行事です。

今回はパンケーキとワッフルに様々なトッピングをして味わいました。

その場で焼き上げるので甘い良い匂いがフロア全体を包み込み、食欲がそそられます。

ホイップクリームやバニラアイスが添えられると豪華になりますよね。

職員も楽しみながら毎回一生懸命クッキングしています。

匂いや見た目の豪華さ・特別感、そして味、日光誠心園のデイサービスらしく賑やかなデザートに仕上がりました。

利用者の皆様は何ができるのか楽しみにされていたようで、出てきた時は驚かれていました。

そして楽しみながら味わっていました。

 

今後もデイサービスでは様々な手作りおやつが登場する予定です。

利用者の皆様、次回作を楽しみにしていて下さいね♪

 
【町田誠心園】7月度回顧録!!(笑)
2018-08-26
 みなさんこんにちはっ!!MAZDAです。最近また、暑くなって来ましたね。少し涼しくなって来たかなって思っていた矢先のこの残暑・・・。本当は、利用者様を外に連れ出して買い物にでも行きたいと思っていたんですが、この暑さではまだやばいなっ。結構連れていって欲しいと言われるんですが、もう少々お待ち下さい。もうそろそろ涼しくなるはずですから。
 
 私が、ブログをサボっている間(忙しくて更新出来なかっただけです・・・)、色々なイベントがあったようですね。回顧録とまではいかないんですが、追って思い出して見ましょう。
 
 7月の誕生会。桜台保育園の園児さん達に再び来園してもらいました。基本的に園児が来ると完全に持っていかれるんですが、利用者様も園児が来られた方が喜びますんで良しとしましょう。今回も私が仕切りを担当したんですが、桜台保育園の先生方私を町田誠心園の職員だと思っていなかったらしく、どこぞのプロダクションのB級芸人だと思っていたとか・・・(笑)ただ、園児のみなさんもの凄くノリが良く私の思惑とリンクしただけの事だったんですがね。
 
 日にちは忘れましたが流しそうめん大会も行われました。前の日から竹を採取しての組み立て作業。今回の目玉はウォータースライドだったとか。金子施設長、ノリノリで始球式ならぬ、始球流しを行ったとか。そうめん以外にもフルーツも流れてましたね。私、あんまりそうめんは好きではないのですが、少し食べたくはなりましたね。さすがに見守りをしていましたんで食べてはいませんけど。
 
 そういえば、一泊旅行の下見にも行ってましたね。今年は房総半島だとか・・・。今回は私も同乗する事になりそうですんで、楽しみです。多分私ははっちゃけてるでしょうが・・・。
 
 本当はタイムリーに報告したかったんですが、中々出来なくって申し訳ありません。多少は落ち着いてきましたんで、今後はブログの更新率上げて行きましょう。
 
 では皆様、SEE YOU NEXT AGAIN!!

 
 
【日光誠心園】夏の恒例行事の巻
2018-08-23

8/23(木)午後、日光誠心園では特養で流しそうめんを行いました。

 

日光誠心園の流しそうめんは専用に用意した雨樋を使用して玄関前のエントランスで行います。

今日はまたジメジメとして今年の夏の暑さを凝縮したような天気でしたので、流しそうめんはうってつけです。

昨年のブログでも書きましたが、流しそうめんになると皆様の食欲に爆発的に火がつきます。

流れてくるそうめんを待つ皆様の目つき、まるで空腹時の猛獣ですね。

そして流れるそうめんをキャッチしようとする手さばきは日常生活ではみられない俊敏さです。

ただそうめんが雨樋を流れてくるという単純な仕組み、これが食欲増進につながるのであれば、こういった食事システムを関連業者に開発して欲しいですね~。

そうめんの後には羊羹等甘味も流れて、皆様本当にしっかり召し上がられました。

9月初旬にもこの行事は別のグループで行われます。

昨年の様子は下記リンクからご覧下さい。

http://www.sankokai.com/publics/index/70/r_id=205/c_id=312/detail=1/&anchor_link=page70_312_205#page70_312_205

 
【日光誠心園】移乗介助研修の巻
2018-08-22

8/22(水)午前、日光誠心園では移乗介助の研修を行いました。

 

今回は㈱いうら様・㈱サンライフ様のご協力をいただき、介護現場で使われる福祉機器を使っての研修です。

介護現場では施設・在宅を問わず、介護される方を移動させることが非常に大きな負担となっております。

特に車椅子を使われる方や寝たきりの方等の場合は、ベッドと車椅子等の移動手段とを移乗することが大きな負担となります。

その為に福祉機器業界では毎年のように移乗負担の軽減を目的とした福祉機器が開発され、介護現場で活躍しています。

今回は㈱いうら様に、発売されたばかりの「移動式リフト」を持参していただきました。

特に体の大きな方、体重の重い方等介護者にとって負担の大きな方のベッドと車椅子等の移乗をスムーズに行う為のリフトです。

アームと吊具でご利用者を袋で包み込むように抱え込み、小型クレーンのように運んで降ろすシステムです。

とりあえず職員が試してみましたが、思っていた以上に締め付け感や痛みもなく、揺れも少なくて安心して介助されました。

入所者様も行っていただきましたが、安心して身を任せており、不満の訴えもなくスムーズに行うことができました。

また他にも、ベッドに乗せかえるための補助具が付属しているストレッチャーも持参していただきました。

これも職員が試しましたが、移乗する際に持ち上げずに滑らせることで腰への負担が大きく減る優れモノでした。

 

施設にとっては介護職員の腰痛予防は大きなテーマとなっております。

また、これから先様々なご利用者様に対応する為には介護技術だけでなく、福祉機器等に関して知識や理解が求められます。

限られた人材で適切なサービスを提供していくためには、ソフト面でもハード面でも様々な研修を行い職員がレベルアップしていく必要があります。

今回の福祉機器による研修によって新たなアイデアや技術が生まれ、ご利用者様にも職員にもより優しい介護現場になることを期待したいと思います。

㈱いうら様・㈱サンライフ様、ご協力いただき誠にありがとうございました。

この研修は8/29(水)午後にも行われます。
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270