ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】開設20周年祝賀会の巻
2018-06-13
6月4日(月)、日光誠心園開設20周年記念祝賀会が行われました。
 
特別養護老人ホーム誠心園は、平成10年5月に栃木県日光市に開設されました。
そして皆様のご指導・ご協力を賜り、開設から20周年を迎えることができました。
心より感謝申し上げます。
今回はこれを記念した式典が鬼怒川のホテル三日月で行われた様子をハイライトで紹介させていただきます。
 
理事長松田圭助からは特に皆様に紹介させていただきたい、日光誠心園の実績が紹介されました。
今回は20年永年勤続表彰が行われ、3名の方が授与されました。
いずれの方も、社会福祉法人三光会及び日光誠心園に多大な功績を残され、現在もなお活躍されている方々です。
この方達を筆頭に、6月4日現在在籍している日光誠心園の職員51名のうち、10年以上勤務している職員が20名おります。
また、日光誠心園の職員の平均勤務年数も8年を越えています。
このように、日光誠心園では特別養護老人ホーム母体の施設としては長く勤続し活躍される方が多い施設として誇らしい数字を残していることが紹介されました。
 
式典では日光市長大嶋一生様をはじめ、多数のご来賓の方々にもお越しいただき、ごあいさつをいただきました。
また2名の方には多大なる貢献に対して感謝状が授与されました。
20年永年勤続の方々やご来賓の方々からいただいたお言葉は、20周年の重みと深みを改めて実感させていただくことばかりでした。
皆様で撮った記念写真を改めて見ると感慨深く、20周年を迎えた施設に関わる様々な方々を実感し、この写真には写っていないけれども施設をその瞬間守っている夜勤者、町田誠心園や大野北誠心園の仲間たち、かつて日光誠心園で活躍されていた仲間たちの顔を思い起こし、新たな一歩を踏み出す力が生まれてくるような想いを抱きました。
 
今日も明日も明後日も、日光誠心園は未来へと歩み続けていきます。
 
【日光誠心園】茶道クラブスタートの巻
2018-06-13
6月13日(水)午後、日光誠心園では特養で茶道クラブを行いました。
 
今まで毎月書道クラブと華道クラブを定期的に行っておりましたが、今月から新たに茶道クラブも開始することになりました。
ご指導いただくのは、特養の機能訓練士兼裏千家の手練れの茶人です。
今まではひな祭り等季節の行事の際にお点前を披露していただいておりましたが、今回からは先生として職員を含む皆様をご指導いただきます。
一輪挿しに飾られたのは【紫陽花】。
やはり場の季節感・空気感は大切ですね。
今回は会場の装飾もまだまだ未完成ですが、回を重ねるごとにBGMやお飾りも充実したものになるよう精進したいと思います。
和菓子が並ぶと皆様思わず手が出そうになりますが、少し我慢して先生のお点前をじ~っと鑑賞。
自然と静寂のひとときが生まれるのもこういった行事の醍醐味ですね。
先生のお点前を参考に、他の職員も見よう見まねでチャレンジしました。
和菓子を並べたりお茶を点てたりと、慣れない作法ながら楽しんでおり、それが皆様にも伝わって会場は和やかな雰囲気になりました。
和菓子とお茶をいただいている時はまさに至福のひとときだったようです。
おかわりも殺到していました。
中には艶やかな着物を羽織った方もいらっしゃって、気分は本物のお茶会のように感じられたようです。
皆様本当に嬉しそうに茶道クラブを楽しまれ、終わった後も余韻で他の方々に『良かったよ~。』と話されていました。
 
文化的な行事がまた一つ日光誠心園に加わり、職員を含めた皆様がより心を豊かにする機会が増え、何気ない日常に一輪挿しの紫陽花のように心の潤いが生まれることを祈念します。
 
【日光誠心園】梅雨空でも楽しむ♪の巻
2018-06-12
6月12日(火)午前、日光誠心園では特養の1グループで外気浴を行いました。
 
朝からあいにくの曇り空で湿気たっぷりでしたが、機能訓練士の鶴の一声で皆様で思い切ってエントランスへ出てみました。
エントランスの天井には今年巣作りをしたツバメが巣にこもって卵を温めていました。
また、地面ではカタツムリがゆったりと歩みを進めていました。
梅雨らしい微笑ましい景色に、寒い寒いと言っていた皆様の表情も自然と和らぎました。
午前のお茶を飲んで一息。
その後は皆様でボール遊びをして楽しみました。
体を動かすと温まりますので皆様の表情も自然と明るく穏やかになっていました。
心も体も少しは温まったひとときになったのではないでしょうか。
 
梅雨時期はなかなか天気の都合で外気浴ができませんが、空模様とにらめっこしながらこういった機会が作れればと思います。
 
【町田誠心園】第7回町田誠心園大運動会開催!!
2018-06-11
 季節は梅雨に入り、じめじめした陽気が続きますね。そんな最中の6月7日、町田誠心園にて大運動会が催されました。
 遅れました!!M☆Yです。この運動会、張り切り過ぎて声のしゃがれがいまだに治りません。本日はその運動会のご報告を皆様に。
 
 まず、運動会の前日譚を少々。室内で行うのか、それとも野外で行うのか。天気予報はは雨のち晴れ。悩みに悩みました。が、施設長・事務長の鶴の二声にて、野外で行う事に決定(屋上の事です。)一応は室内でのプランも用意はしましたが。
 次の日の朝。結果は晴天です。屋外で行っても問題は無し。4年ぶりに屋外での運動会決行です。我々委員、早急にテントを組み立てます。途中、シートが破け、吹き飛ばされそうになるといったハプニングはありましたが、会場の準備はOKです。あとは、利用者様達を呼ぶのみ・・・。
 
 移動の際、遅れは多少出ましたが、全員集合。中丸実行委員長の音頭のもと、いよいよ運動会の開幕です。利用者様による選手宣誓。畑山さんのお笑いラジオ体操。競技の準備も整いよいよ競技の開始。最初は大玉転がしから。大きな円を描き大玉をころがします。(正確にはまわす)利用者様大ハッスルです。お次は玉入れ。白熱します。なぜか玉を渡している私に玉をぶつけてくる利用者様も多々。カゴを狙って下さい。大盛り上がりでなぜか、3回ほど行いました。その間お約束として、玉はぶつけられましたが・・・。
 
 補水TIMEに入り、お次は応援合戦。医務チームによる応援。そのあとは、赤組白組の応援団長にふんした利用者様の登場。私M☆Yも副団長として参加。自チームの応援とエール交換。その時から私のスイッチが入ってしまい。結果、声が潰れるとうい事につながるんですが、盛り上がりました。あんなに張り切って声を出している利用者様を見るのは久しぶりです。そして、おやつ取り競争につながります。利用者様達一生懸命おやつを取ってゴールします。本当を口で取らなきゃいけないのですが、手で取ってましたが・・・。まあそれは見なかった事にしましょう。
 
 そして最後の綱引き。誠心園職員による戦いです。応援にも熱がこもります。白熱した戦いが行われました。白熱しすぎて、山本事務長が音響の機械に突っ込むというハプニングはありましたが(無傷でしたので心配ございません)感動的なフィナーレを迎える事が出来ました。
 
 利用者様方、もの凄く喜んでくれました、本当に楽しかったって言ってくれました。あんなに躍動されている利用者様をみたのは、始めてかも・・・。今回勝ったのは赤組ですが、利用者様全員勝者でヒーローです。ですんで、退場の時には、安室ちゃんのヒーローを流しました。
 
 今回、準備に携わった、委員の方々ご苦労さまでした。誰も怪我する事なく(ぎり事務長は危なかったですが)本当にすばらしい運動会でした。
 
 それでは皆様SEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【日光誠心園】実演!卵焼きの巻
2018-06-05
6月5日(火)、日光誠心園では卵焼きの実演会が行われました。
 
腕を披露していただいたのは、大野北誠心園の男性管理栄養士です。
管理栄養士であるとともに、料理人としての顔も持ち合わせている凄腕職員です。
今回は朝から厨房で昼食分を焼いていただき、その後入所者様の目の前で実演を行っていただきました。
 
誰もが作ったことがあるであろう卵焼きですから、皆様親しみを持って見つめていました。
しかしながらスムーズかつ手際よく卵を巻いていく姿はさすが職人、人前という緊張する場面を感じさせない手さばきでした。
昼食前にいい匂いが辺りに広がって、職員からは「お腹が空いた~」とため息。
入所者の皆様の食欲増進にも間違いなくつながったと感じました。
目の前で見た卵焼きが昼食で出てきて皆様満足そうに召し上がっていました。
目と鼻と口と、全てで卵焼きを満喫したひとときでした。
大野北の職人さん、素晴らしい逸品ありがとうございました。
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270