ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】年末年始の報告②の巻
2017-02-20

12月26日(月)午前、日光誠心園では毎年恒例のもちつきが行われました。

本物の臼と杵でつく、昔ながらのスタイルでつきたてのおもちが皆様に振る舞われます。

また、参加できる方には職員と一緒に実際のもちつきを行っていただきました。

昔を思い出して語られる方、大好きなおもちに満足された方、皆様が笑顔になりました。

 

また、当日はお正月飾りのしめ縄も作られました。

おもちをついて食べて、少し早い正月気分を味わっていただけたのではないでしょうか。

 

ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 
【日光誠心園】年末年始の報告①の巻
2017-02-20

12月23日(金・祝)、日光誠心園ではクリスマス会が行われました。

特養ではボランティアでフラダンス教室の方々が来園され、フラダンスショーが行われました。

先生と親子で参加されている生徒さん達の熱演で、会場は大いに盛り上がりました。

特にお子様たちの演技には入所者の皆様も感動し、涙を流されている方も…。

私達職員にとっても最高のクリスマスプレゼントをいただきました。

 

また、午後には職員による手作りクリスマスケーキが振る舞われました。

簡単ではありましたが、入所者の皆様には大変喜んでいただけたようです。

 

フラダンス教室の皆様、本当にありがとうございました。

また来年も感動のプレゼントをよろしくお願いいたします。

 
【大野北誠心園】鬼はそと! 福はうち!
2017-02-09
 きゃー 鬼が来た〜
 
ユニットに 響く女性職員の声
 
「うお〜」
 
ユニットに 逃げ込む女性職員を 追って
 
赤鬼 青鬼 子分の鬼 4匹の 悪い鬼達が やって来ました
 
そうです 今日は 節分 です
 
利用者様たちは 新聞紙で 作った玉を 豆に見立て 元気よく 鬼に 投げつけました
 
「鬼はそと〜 福はうち〜」
 
「うわ〜 やられた〜」
 
利用者様の 力強い協力で たまらず鬼たちは 一目散に 逃げ出しました
 
そして・・・・
 
悪い鬼たちは 心を入れ替え 良い鬼と なりました
 
心優しい 利用者様たちは 心が綺麗になった 鬼たちと いっしょに記念撮影!
 
「玉が大きくて 投げやすかったよ」
 
「とっても 楽しかった ありがとう」
 
利用者様の こんな声が 聞かれた一日でした
 
 
【町田誠心園】渾身の新年シリーズ(第二弾)
2017-02-05
 
さぁさぁ!!!怒涛の新年シリーズの第二弾はこれまた元日恒例!!!となった【タイの塩釜焼き
 
初登場となりましたワタクシ管理栄養士の米永がブログコーナーを町田誠心園で埋め尽くすくらい
 
の勢いでお伝えしたいと思います。
 
 
毎年お正月のお食事には『コダワリ』があるんですけど・・・いや~その~・・・実は・・・
 
ご存知の方も多いかもしれませんが、町田誠心園のお食事の調理業務の委託先が変更となりまして・・・
 
今年のお正月のメニューについても何回も打ち合わせをしなくちゃいけないんです(;^_^A。
 
ということは事務長さんのように行きつけのお店のカウンターに座るなり「いつもの」ってな
 
具合にはいかないということなんですよネ。
 
もちろん、このタイの塩釜焼きの中身(もちろんタイ)のサイズ感が委託先の発注の責任者さんに
 
うまく伝わらないもんで、そこで、先程の事務長さん(自分に優しく業者に厳しい)に登場
 
してもらったんですが・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
『とある日の午後』
 
 
事務長「去年まではタイの大きさはこれくらいだったよって」適当に?いや♪少し大きめに両手で
 
タイのサイズ感を伝えるんですけど。
 
発注の担当者さん「それだと○×キロくらいのタイですね」
 
事務長「そうなの?う~ん。キロで言われてもサイズ感がよくわからないんだよね。とにかく
 
これくらい」
 
って両手でサイズ感をアピールしてるんですけど、うちの事務長がまた欲張って少し両手の幅を
 
広げるもんだから・・・
 
発注の担当者さん「本当ですか?それだと○△キロくらいですね。う~んなんとか予算内でできるかと」
 
事務長「本当だよ。最後に確認だけどサイズはこれくらいだよ」ってやるとまた少し両手の幅が広がる
 
んです(;^_^A。
 
 
 
 いや~、事務長には黙ってたんですけど・・・。実は前任の吉川管理栄養士さんからもこれが
 
(このやりとり)毎年恒例だからって聞いてたんです。
 
それで、発注の責任者さんとのやり取りが終わると事務長は決まって自信満々に
 
こう言うからって・・
 
事務長「どう?吉川さん。わかったでしょ。これがまさにタイのサバを読む
 
 
 
今回もこの事務長の決めゼリフが出るかとニマニマしてたらやっぱり!!!!!!!!!キマシタ~!!!!!!!
 
 
 
事務長「どう?米永さん。勉強になったよね。これがまさにタイのサバを読む
 
少しセリフ変わってるし~~~~~。
 
いやいやっ。でも大事ですよ。お互い頑張るところまで頑張っちゃう姿勢。
 
『だってご利用者の皆さんに喜んでもらいたいんですもん』
 
                                         (おしのまい)
 
 
【町田誠心園】渾身の新年シリーズ(第一弾)
2017-02-02
 
さて、今年も早いもので2月に入ってしまいましたが・・・
 
恒例の町田誠心園の新年シリーズの開幕です。
 
今回の第一弾のレポートは、町田誠心園特製の「誠心神社」からをお届けしたいと思います。
 
それでは現場の大野相談員さんお願いします。
 
『どうも~。現場の大野です。今年もご参拝の方で大賑わいの誠心神社からちょっとしたレポート
 
をお届けしたいと思います。あれ?ちょっとお待ちくださいねぇ。あそこに去年はなかった干支に
 
ちなんだワクワクさんばりの巨大なにわとりさんのオブジェが置いてありますねぇ。これだけ
 
大きなオブジェを作ったスタッフはちょっとたいへんですよねぇ。実は私もちょっとだけ手伝おう
 
としたんですけど・・・ちょっとじゃ悪いからちょっと躊躇してしまいました(-_-;)』
 
 『あっと今。ちょっとおまちくださいねぇ。今現場のほうに誠心園神社の巫女さんがちょっと
 
こられましたねぇ。今年はちょっと昨年の大瀧さんとは違う感じがちょっとしますねぇ。
 
ちょっとインタビューしたいんですけどちょっと忙しそうなんでちょっとできそうにない
 
ですねぇ。それでは時間なのでちょっとのレポートで申し訳ですがちょっとスタジオさんに
 
お戻ししますね』
 
                                      !!!!!以上!!!!!
 
 
【普段から施設長に『ちょっと』禁止令を出されているのになかなかちょっとが抜けない
 
大野さんが今年こそ『ちょっと』から卒業できますように(スタッフ一同)】
 
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270