ブログ

 

行事のブログ

行事のブログ
フォーム
 
【日光誠心園】老人の日・老人週間の巻
2018-09-11

突然ですが、「老人の日」「老人週間」をご存知でしょうか。

9月15日は「老人の日」、9月15日から同月21日までの1週間は「老人週間」と定められています。

「老人を敬い慰め、励ますとともに、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加する」ことを提唱されているそうです。

国民の祝日として、9月の第3月曜日が「敬老の日」と定められているのはよく知られていますが…。

そういった敬老活動推進の一環として、栃木県では県立文化施設の無料開放が行われるそうです。

実施施設等情報については画像をご参考になさって下さい。

日光誠心園もたまたまではありますが、この恩恵にあずかり、外出行事が行われる予定です。

外出は日常とは異なる空気に触れ、入所者の皆様がより一層輝ける良い機会となります。

今週末から来週にかけて、無料開放を機に皆様で外出してみてはいかがでしょうか。
 
【大野北誠心園】敬老会2018
2018-09-10
一足早く 大野北誠心園 では 敬老会のイベントを 開催しました

今年 お二人の方が 当施設最高齢 105歳を 迎えられました おめでとうございますheart
 
さて 今回の敬老会ですが 職員だけではなく 保育園ぐらんでぃーる」の園児たちも 参加し 大いに盛り上げてくれました
 
「お〜い も〜う い〜いか〜い」

待ちきれない沢山のお年寄りが声を合わせ 園児達に 呼びかけました
 
「も〜う いいよ〜」
 
  元気一杯の園児たちの登場に

「かわいいよ〜みんな〜!」

ひとりのお年寄りが大きな声援をおくってくださいました
 
「虫の声」「 真っ赤だな」等を 元気よく歌って
 
今日のために 一生懸命練習したお遊戯 ココナッツを 披露

人間っていいな の歌に合わせ一人ひとり お年寄りの間を園児たちが握手をしながら歩いてくれました
 
そして100歳以上の方や白寿など ご長寿の節目のお年寄りの方々に 記念品を渡す大役も 頑張ってくれました
 
どうもありがとう〜

さらに「ぐらんでぃーる」の園児達から 心のこもった  手作りの作品を頂きました  
 
施設に飾らせていただきますね
 
皆さん お疲れ様でした

heartまた来年もよろしくお願いいたしま〜すheart
 
【日光誠心園】史上最長の巻
2018-09-06

9/5(水)午後、日光誠心園では先月に引き続き、流しそうめんが行われました。

 

台風21号の影響が心配される日程でしたが、日光は台風一過の快晴、絶好の流しそうめん日和に恵まれました。

今回のグループは人数が多く、待機する方が飽きないように回転率を上げる工夫が行われました。

その工夫とは、流す雨樋を10メートル規模の長さにして、1回で対応できる人数を増やそう、というものです。

ただ、真っ直ぐに延ばすと日よけになるエントランスの長さを超えてしまうので、途中で直角に曲げて変化をつけました。

それにより水の勢いも少しそがれるので、入所者様にとっては丁度良くとりやすい速さになったようです。

使用しているのが市販の雨樋でしたので、ホームセンターの豊富なアタッチメントの品揃えに大いに助けられました。

また、屋内で待機している方にはボール遊びで楽しんでいただきました。

こうした様々な努力の甲斐があり、皆様に笑顔で夏の風物詩を楽しんでいただくことができました。

また、そうめんの他にもフルーツが流れましたが、取りやすいように網杓子を使っていただきました。

皆様童心にかえって楽しまれ、相変わらず素晴らしい食欲で心もお腹も満たしていただけました。

 

史上最長規模の流しそうめんコース等今回も様々なチャレンジが行われた流しそうめんですが、日光誠心園の流しそうめんは今後も進化していくことでしょう。
 
【町田誠心園】利用者様との日常会話
2018-08-31
 今年も町田誠心園より、団地祭りに出店したようですね。今回、金子施設長、真面目に働いたようですね・・・(笑)今まで、春フェス・納涼祭といった、私が準備に携わるもの全てに関して、妨害工作を仕掛けて来ていた金子施設長・・・。驚きです!!
 売り子として働いていた、畑山相談員・・・。あのコスチュームのコンセプトは何なんでしょうか?気になります。
 
 みなさんこんにちはっ!! MAZDAです。本日も暑いですね。先日やっと涼しくなってきたと思っていたのにこの残暑。今日ニュースでやってましたが、この猛暑のせいで、トマトの価格が前年よりも4割増しだとかっ。話がそれましたが、この残暑厳しい中、利用者様が買い物に行きたいと・・・。何故か私が同伴する事に・・・。一瞬顔が引きつりましたが、利用者様のご希望なんでしょうがないですねっ。汗だくになりなながら買い物に行きます。その帰り道。荷物が重い!!そして暑い・・・。後ろから私達を呼ぶ声が。コンビニの店員さんが走って来ます。“すみません。このおかしを袋に入れ忘れました。“わざわざ届けてくれた店員さん。ありがとうございました。
 
 ユニットに戻ると利用者様から声を掛けられます。”松井君!!(名前が一文字違いますが、もう訂正はしません)明日のGI楽しみだね・・。“明日は土曜日なんでGIはないと訂正します。“伝わったのか、いないのか“今度こそ当てるから、その時は焼肉を食べに行こう“と、ハイタッチをしてきます。この方、どうしても私にご馳走したいらしく、こうやって気を使ってくれる優しい方なんですが、購入金額も2・300円程度のガチガチの本命なんで、焼肉までの道のりは遠いんですが・・・(笑)ですが、当たったからといって本当にご馳走はしてもらう気はありませんよ、あしからず!!
 
 今度は違う利用者様から声を掛けられます。“今日は松木さん(訂正するのは諦めたんで、その方の前では、私は松木になります)、今日は会えて嬉しいよっと。そう言って頂けると非常に嬉しいのですが、名前を間違えて覚えていなければもっとねっ・・・。そんな中最近入所された利用者様と話をします。私の顔を覚えたか確認すると、あのセーラー服の男だろっと。納涼祭の時に着用していたセーラー服姿の印象が今でも残っているようでして、普段もあんな格好をするのかと一言。するわけないでしょっ!!二人で爆笑します。
 
 本日はこんな会話をする日常でした。しかし暑い・・・・・!!早く涼しくならないですかねっ。それではSEE YOU NEXT AGAIN!!
 
【日光誠心園】移乗介助研修第二弾の巻
2018-08-29

8/29(水)午後、日光誠心園では移乗介助の研修第二回目を行いました。

 

今回も㈱いうら様・㈱サンライフ様のご協力をいただき、介護現場で使われる福祉機器を使っての研修です。

第二回ということで、今回は職員が積極的に機器を使ってみました。

もちろん利用者様の立場に立つことも大切ですから、双方の立場でしっかり体感です。

重点的に研修を行ったのは「移動式リフト」です。

操作するにあたっては安全第一、しっかりと担当者の方にご指導いただきました。

また、入所者様にもご協力いただき、職員が操作しましたが、声掛けなどやりとりが大切だと感じました。

体感した入所者様からは負担が少なく良かったという感想をいただきました。

ベッドから車椅子、車椅子からベッドという一見単純な移動ですが、操作方法も注意点もそれぞれ異なるのでしっかりと確認しながら研修しました。

「移動式リフト」はしばらくデモ機として借りることができるということで、実際の介護現場で積極的に使用して行きたいと思います。

また、今回は新たに褥瘡予防のフルリクライニングシートも持参していただきました。

今までのリクライニングシートはリクライニング機能を使うと座面の移動と共に体の位置もズレてきてしまったのですが、これは違います。

クッション性のあるシートでズレを吸収補正して座位を保ったままリクライニング機能が使えるんですね。

シートに職員も座ってみましたが、そのクッション性の素晴らしさには驚きました。

ピンクのシートにくつろいで寝そべっている施設長の姿からも、その心地よさが伝わりますよね♪

体感した入所者様も笑顔で応えて下さりました。

 

この研修で、改めて移乗について問題意識が生まれ、また機器の効率的な活用によって職員にも入所者様にも笑顔が生まれることを体感しました。

㈱いうら様・㈱サンライフ様、ご協力いただき誠にありがとうございました。

前回の研修の様子は下記リンクからご覧下さい

http://www.sankokai.com/publics/index/70/r_id=392/c_id=312/detail=1/&anchor_link=page70_312_392#page70_312_392
<<社会福祉法人 三光会>> 〒321-2412 栃木県日光市倉ケ崎605番地7 TEL:0288-21-7020 FAX:0288-21-7270